スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ことしの祇園祭

 2014-07-25
ことしは祇園祭に2回出かけました。

1回目は奥様同道で7月13日。「前祭」の宵山は14日~16日ですが、
宵山はとにかく人出が多いので、あえて避け、
ここ数年は「13日」に決めています。

いわゆる「宵山」期間ではありませんが、
提灯に灯が入っていますし、祇園囃子も聴けます。

長刀鉾

長刀鉾


月鉾。保存会の告知として、

月鉾告示


「十三日・十四日にかぎり、浴衣又は着物着用の方は、
 無料で鉾の拝観が出来ます」

ということなので、お囃子を演奏中の鉾に上げていただく(撮影禁止)

船鉾

船鉾1

船鉾2


去年も訪ねた、押小路柳馬場の和食のお店で「鯖寿司」を。

お店前

鯖寿司



2回目はきのう(7月24日)、
代休をとり、私ひとりで「後祭」の巡行を見物。

7月17日の山鉾巡行は小学校5年か6年のとき、クラスの仲間と見に行きました。
(平日でしたが、たしか日曜参観の振り替え休日)
何としても「辻回し」を見ようと、四条河原町の交差点東南角、
阪急百貨店(現在はマルイ)前に陣取りました。


さて、49年ぶりに「復活」したという「後祭」。
私は1965年12月生まれで、翌年の祇園祭には、
親に抱かれて連れて行ってもらったそうですが、
その年にちょうど「前祭」と「後祭」が合同したとのこと。

合同した当時や、今回の「復活」にも、いろんな議論があるようですが、
まずは見届けなければということで、
東洞院御池の南側、見物人の最前列の地べたに座り込む。

巡行1

巡行2


橋弁慶山(くじ取らず) → 北観音山(くじ取らず) → 八幡山
→ 浄妙山 → 鈴鹿山 → 南観音山(くじ取らず) → 鯉山
→ 役行者山 → 黒主山 → 大船鉾(くじ取らず)

と全部見る。

150年ぶりに復活した、大船鉾

大船鉾


御池通は人が多いので、一ツ南の姉小路を東へ。
寺町を北上して御池に出、河原町御池の交差点で、
南観音山の辻回しを見る。

南観音山


寺町に戻ると、ちょうど「花傘巡行」が北上してきていました。
「花傘巡行」は初めて見物しましたが、
通行人・見物人と同じ目線なので、一体感があります。

花傘巡行 (1)

花傘巡行 (3)

花傘巡行 (4)

花傘巡行 (5)

花傘巡行 (6)

花傘巡行 (7)


寺町三条東入ルで早めに昼食の蕎麦を食べ、新京極を南へ。
四条通に出ると、ちょうど「しんがり」の大船鉾がいました。
別に計算して動いたわけではありませんが、
いろんなものを一度に見物できて堪能。



さて、きょうは天神祭の本宮です。

朝と宵

 2014-03-31
地元の元茨木川緑地、通称「桜通り」。

3月31日の朝、出勤途中


桜通り朝




同じ場所、3月31日、帰宅途中の宵。


桜通り2




誰に断って消費税率上げますのや!!の夜。


「ごちそうさん」と「防空法」

 2014-03-07
NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」。
「朝ドラ」ですが、私はいつも録画して夜に見ています。

第1回目の放送で、空襲で焼け野原となった大阪の街で、
め以子が炊き出しをしている場面(遠くに大阪城)が、
ほんの一瞬だけ映っていたのを覚えています。

ドラマの中で大阪大空襲が描かれると思っていましたが、
ちょうど、先週(第21週)から今週(第22週)にかけて、
第1次空襲(1945年3月13日~14日)でした。

3月4日(火)放送分、め以子が地下鉄に避難するシーン。
柵が閉まっているので、「開けて!」と訴えますが、
かたくなに拒否する係員が口にしたのは、

「防空法違反や」

の言葉でした。

「防空法」とは何か。その全容を解明した、
『検証 防空法―空襲下で禁じられた避難』
(水島朝穂・大前治著 法律文化社 2014年2月10日初版1刷)を、
ちょうど読んだところでした。


防空法本



同書によると「防空法」は1937年に可決・成立し、
その後2度の改定(1941年、1943年)を経て、
「都市からの退去禁止」「空襲時の応急消化義務」が追加され、
隣組組織とその活動(消火訓練など)を通じて、
国民に「逃げるな、火を消せ」と強制しました。

空襲に備えて消火訓練を指導していた悠太郎が逮捕されたのも、
空襲のときには「逃げろ」と説明したことが、
「防空法」に違反したからです(第21週)。

同書P148~152には、「防空法(防空法制)」の下で、
空襲時に地下鉄駅への避難が禁止された問題が記されています。

一般市民を避難させれば、「防空法違反」になるわけですが、
「ごちそうさん」では地下鉄係員は、め以子の気迫に負けてカギを開けます。

(放送を見て、「これはドラマやからかな?」と感じたのですが、
「地下鉄に助けられた」という空襲体験者の証言も残されているようで、
折をみて調べてみたいと思います)

やむにやまれず、地下鉄施設に市民を避難させたことを、
簡単に「美談」とはいえないほど、
戦時下の国民をあまりにも過酷な状態に置いたのが「防空法(防空法制)」です。


「検証 防空法」→アマゾン


「芝川家のお雛様と美しい船場のいとはん」展

 2014-02-21
先の記事で大阪・北浜の和菓子「菊壽堂」さんの話を書きましたが、
お店においてあったチラシをもらってきました。


芝川ビル



「芝川家のお雛様と美しい船場のいとはん」展


2月27日(木)~3月5日(水)まで、
芝川ビルのモダンテラスで開かれます。

同ビルは、大阪に残る近代の名建築(1927年竣工)。
施主の芝川家は江戸時代から続く船場の豪商で、
大正生まれの同家の「いとはん」のお雛様が初公開されるです。

会期中に出掛けてみます。


芝川ビル

大阪市中央区伏見町3-3-3
御堂筋線「淀屋橋」駅11号出口より徒歩1分

公式サイト
http://shibakawa-bld.net/


高麗餅。または「大阪は猥雑な街」か。

 2014-02-18
きょうは午後から仕事で淀屋橋方面に向かうので、
北浜で下車、高麗橋2丁目の「菊寿堂」さんに立ち寄る。


菊寿堂さん




名物の「高麗餅」を求める。

八代目幸四郎に由来する「高麗餅」の名。
限りなく優しい味わいです。


高麗餅




「大阪は猥雑な街」といった人がいます。今月27日で自動失職する某市長。
「猥雑な街」なので、賭場(カジノ)を開帳するだの、何だの。


「猥雑」のフレーズにかみつく人もいます。


が、その実、
彼が何をもって「猥雑」といっているのか、意味不明です。


別に大阪でなくても、「都市」においては、
「悪所」とよばれるところが内包されてるものです。
「猥雑」というのは、そのことなのか?


私見では、仮に「猥雑な街」などと、
一言で切ってしまえるほど、
大阪の街は単純ではありません。


「高麗餅」をいただいて、改めてその感を強くする。





≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。