スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

すじ肉活用

 2012-01-28
きょうは怒涛の一日。
午後からは同じ場所で、私は仕事、奥様は参加者。
夜は私が先に帰宅をばいたしまして、台所仕事。

先日煮込んだ牛筋のうち、3分の1を使います。


すじ肉活用



この歳になると、牛は少量ずつ使うのが、よろし。
うどんは国産麦の讃岐。



ほかに、厚揚げ1ケ使います。


厚揚げ



この歳になると、厚揚げも2人で1ケが適量


あと、ホタテ。
北海道産なれど、解凍ものゆえ、
塩糀にしばし漬けてから生でいただく。


塩糀ほたて



偉大な塩糀。まるで別物に「化け」ます。




撮り鉄

 2012-01-21
今週月曜日のことですが、私にしては珍しく「撮り鉄」。


電気機関車EF81が牽く寝台特急「日本海」


EF81.jpg



梅田で仕事を済ませて、大阪環状線外回りホームにいたら、
ちょうど入線してきました。


私は道楽で鉄道模型をやっていますけれど、
実物の鉄道には、ほとんど興味がありません。

強いていえば、電車ではなく、
機関車が牽く客車、というのは、好きな部類かも。

「鉄道ファン」には、実物の車両の追っ掛け、
撮影、乗車(鉄道旅)、時刻表、切符収集、駅弁などなど。
あるいはその全部が好きという人も。

私はそれらは、どうでもよくて、
もっぱら、模型の鉄道。

理由は簡単。

実物は自分のものではありません。
自分で鉄道を所有したいから、模型でありまして、
庭に線路も敷くのであります。

ま、これは、人それぞれでありますから、
どれがいいとかいうものではありません。


私自身は、実物についていえば、

事故だけは起こさんといてほしい。


これだけです。


「何が『予測できなかったから無罪』やねん」と言いたくなる昨今


金木犀、彼岸花

 2011-09-29
わが家は、150世帯ほどが住むマンションの棟の、
そのまた1階の端にありまして、窓やベランダの外に、
いろんな木々が植えてあります。

桜の木が一本ありますもので、春には別に出かけなくても、家で花見が出来ます。
うってかわって、夏はセミの大合唱。

で、いまの季節、ちょっと早いかなと思いましたが、
金木犀の香りが秋風に乗って、家の中にも入ってきます。


金木犀の図。


キンモクセイ


金木犀の香りを感じると、毎年いつも、
堀内孝雄の「君のひとみは10000ボルト」が頭の中で鳴ります♪♪。

きょうは、その金木犀の香りを感じながら、終日、在宅で仕事。
朝起きて、弁当をこしらえて、奥様を送り出してから、
通常の出勤時刻までの間に、猫額の庭に出る。


彼岸花が咲いております。


彼岸花



庭に出て何をするかというと、敷設した線路の保線作業。
ひと夏、何も手入れをしていなかったので、草ぼうぼうです。


草ぼうぼう



これでは到底、列車は運行できません。
こまめにやればいいといえば、そうなのですが、
わずかな時間でも気分に余裕がないとできません。

また、放置しても誰にも迷惑がかからないので、つい後回し。


20分ほどかけて、雑草を引っこ抜くと、バケツ一杯にあふれるほど。


バケツに山ほど


朝はここまでにして、仕事にかかります。
遅めの昼食(奥様のと一緒にこしらえた弁当)を済ませ、
昼休みとして見積もった時間に、保線作業の続き。


なにしろ、梅雨~真夏~いままで、放置していましたもので、
路盤が沈下したりしているので、水準器を当てながらバラスト(砕石)を補充。
こういう保線作業は、実物の鉄道では夜中にやっているそうです。


水準器



その上で線路を磨いて、仕事の続き。


夕刻、日の入り前に、久しぶりに旅客列車を運行しました。







「出前」鉄道楽

 2011-08-20
きょうは夕刻、京都・西陣の実家へ。
仕事の続きなので、洋装です。

ただし、きょうは特別に、Gゲージの鉄道模型、
機関車、客車と貨車(各1両)、エンドレスになる組線路、
パワーパックの最小限一式を、
旅行用のキャリングケースに入れて、ゴロゴロと持参。



実家の仏間に敷設して、甥っ子たちと遊ぶ、
「いちびりの叔父さん」でありました。


仏間でGゲージ


換装完了

 2011-08-05
カプラ換装作業完了。


C50.jpg




最近、当鉄道に入線したNゲージのC50。
出物で、はもにか1本分の値段

 ※「はもにか1本分」というのも、一つの「貨幣単位」


≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。