「鷺とり」 連載「落語ときもの」(5)

 2009-01-09
落語で描かれる世界には、冷静に考えると、

「ンな、あほな」

という登場人物やストーリーの展開がありますが、
実際に演じられるのを見聞きすると、
不思議とリアリティーがあって、
だからこそ大笑いしてしまいます。
そのあたりが「芸の力」なんでしょうか。


そうした「ンな、あほな」噺の一つが、

「鷺とり」

登場人物の男、雀を捕まえるのに、
こぼれ梅(味醂のしぼりかす)と南京豆を使うとか、
腕に色を塗りたくって梅ノ木に見立て、
そこにとまったウグイスを手づかみに、とか。

当然ながら全部失敗して、お金を無駄にしたり、怪我をしたり。
それでも次に、挑むのが「鷺とり」であります。


「鷺がたくさんやってくる」と教えられて出かけたお寺。
夜ということで、池にびっしりと鷺が眠っている。
鷺の首をつかんだところが、入れ物がないので、

帯の間にはさむという、とっさの気転。
次から次へ帯の間にはさんでいったのはいいものの、
やがて目を覚ました鷺たちが、そのままいっせいに羽ばたいて、
ついにこの男、鷺と一緒に空を飛んで天王寺さんへ……

全編これ、「ンな、あほな」のオンパレード。
それでいて、私なんかはこの噺を聞くと胸が「スッ」とします。

「鷺とり」 連載「落語ときもの」(5) の続きを読む

連載「落語ときもの」(4) 池田の猪買い 又は重ね着

 2008-12-28
ちょっと手付かずだった連載「落語ときもの」。
以前次回予告で「鷺とり」としていましたが、
先に「池田の猪買い」を。

体が冷えてどうしようもないという男が、
「冷え気」には猪の肉が効くと甚兵衛さんに教えてもらい、
大坂の街中から池田まで猪を求めにいくというお話。

池田へ向かうという朝、甚兵衛さんのところにやってきます。


連載「落語ときもの」(4) 池田の猪買い 又は重ね着 の続きを読む

「代書」  連載「落語ときもの」(3)

 2008-11-24
1999年に亡くなった桂枝雀さん。

その生前、私が生の高座に接することができたのは、
数回だけでした。

亡くなられた当時、あまりのニュースに、
現実感もありませんでした。


今は、ビデオやDVD、本でしか接することはできませんが、
本を読むとき、「ああ、枝雀さんに逢いに行ける」と思って、
ページをめくっています。


その中で、大ヒット作の一つ、

「代書」


「主人公」の松本留五郎さん、
近所の町工場へ夜警に行くということで、「履歴書」を書いてもらいに、
「代書屋」はん(司法書士、行政書士)のところへ出掛けまして、


代「いや、違います。生年月日言うてもらいますねん」
留「(うれしそうに)…『セーネンガッピ』」
代「いやいや、あの、いや、『生年月日』、と言うてもらうのとちゃう。
  生年月日を言うてもらいまんねん」
留「……(大声で)セーネンガッピ、ヲ!」

ちくま文庫の『桂枝雀爆笑コレクション 4 萬事気嫌よく』(2006年)を、
電車の中で読んでいまして、

上の部分で、こらえきれず、

「アハハ」と声を出して笑ってしまった私であります。

「代書」  連載「落語ときもの」(3) の続きを読む

「蔵丁稚」 連載「落語ときもの」(2)

 2008-11-18
随時連載の第2回目は、 「蔵丁稚」 です。


大坂は船場の丁稚の定吉、これが芝居好きでして、
お店の御用の途中に、芝居町の道頓堀で油を売り、
「忠臣蔵(仮名手本忠臣蔵)」を見物してきたことが露見。

お叱りを受けて、「おしおき」ということで、
蔵の中に押し込められてしまいます。

空腹と退屈しのぎに蔵の中で芝居の真似事。
「仮名手本忠臣蔵」の四段目、いわゆる「判官切腹の場」を、
自分で演じていきます。

それを見た下女が、あわてて、
「定吉とんが、蔵の中で切腹!」と旦那に御注進…


落語と歌舞伎がリンクした、典型的な「芝居噺」ですが、
ここにも、芝居の中の武士の世界の「きもの」が描かれています。

「蔵丁稚」 連載「落語ときもの」(2) の続きを読む

新・随時連載「落語ときもの」(1)

 2008-11-12
私、歌舞伎もブルースも好きですが、落語も好きなんです。

忙しくて、自由になる時間は、はもにかに費やしているので、
しょっちゅう落語会に出掛けるというわけではなく、
もっぱら今は、落語全集など活字で楽しむのが主ですが、
そういう「落語ファン」もいるということで。

通勤電車の中で枝雀さんのを読んで、ニタニタしたり、
どうしようもなく、枝雀さんの姿が浮かんで、
涙が出そうになったりして、
傍目には、きっと「変なオッサン」でしょう。


ぼちぼち「きもの暮らし」をするようになって、
「高座着」としてきものを着ている噺家さんのこともさることながら、
噺の中に登場するきものに意識が傾いて、
落語の新たな楽しみ方が増えています。


というわけで、随時連載で、
私が感じた範囲で、「落語ときもの」について、
好き勝手なことを書いてみたいと思います。

京都生まれ育ち、大阪働き暮らし、
という根っからの関西人なので、上方落語が中心ですが、
どうぞお付き合いを。



さてその第1回目。

最も鮮やかな形で「きもの」が出てくる噺の一つは、
大ネタ、

「百年目」


ではないかしらと思います。

新・随時連載「落語ときもの」(1) の続きを読む

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク