よせばいいのに。。。

 2016-12-01
このところ、はもにかの練習で「タングブロッキング」に移行すべく、悪戦苦闘しています。

IMG_2062.jpg


プレイヤーの方には言わずもがな、ですが、
はもにかを演奏するにあたって、

口をすぼめて、出したい音を1音だけ狙って出すのが「パッカリング」。

はもにかをば、穴の3つか4つ分をガバッとくわえて、
出したい音以外の穴を舌でふさいで、
目的とする音を出すのが「タング(舌)ブロッキング」です。

私は、21年前にはもにかを始めて以来、
基本的にずっと「パッカリング」で演奏してきました。

それが、ことしの10月半ば、
ふとしたキッカケで、「これはタングブロッキング」でいこうと、
練習してきているのですが・・・

そう簡単にはいきません。

タングブロッキングでやっているうち、
もともとパッカリングでできていた演奏も、

できなくなってしまっている!!

のでして、なんやこれは!!

つまりは、いま、私は、まともな演奏ができないのです・・・

「よせばいいのに」

と思ったのは、もはや後の祭り・・・

後に戻ることもできず、前に進めるのか。。。


でも、ただ、はもにかを始めたころの初心を思い出して、
一つ一つ音を出しています。

一音に命をかける

 2016-05-17
文楽のことばかり書いて、「jはもにか」はどこへいった?

DSCN1483.jpg



いえいえ、無関係ではないのです。

太夫の語りだしの声、三味線の一音、

これって、はもにかの音一発と同じやんか・・・

そう思っているのであります。


磨き、かけまっせ。


「練習時間がない」という、あなたへ

 2011-04-05
当ブログをご覧の方々、「読むだけ」の方から、
ごく親しい方で「いつも読んでるよ」とリアルで声を掛けてくださる方まで、
さまざまありまして、油断も隙もありません(笑


先日も、

「なんや、最近、料理の話ばっかりやな」


というご感想をいただきましたが、
きものは着ておりますし、はもにかは毎日吹いています。

けさも、ある女性、はもにかを吹く格好をしながら、

「やってますか?また吹いてほしいんですよ」



落ち着いたら、なんぼでも、吹かせていただきます。




ときどき、というか、よく、

「はもにかを練習する時間がとれない」

という声を聞きます。


いつも言っていることですが、この楽器に限っていえば、

「練習する時間がない」

ということは、まずはありません。



朝起きたら、みなさん、顔を洗いはりますでしょ?
トイレに行ったら、お尻、拭きはりますでしょ?

はもにかは、そのくらいのことで、吹き吸いできます。



わざわざ、とくに「練習」ではありません。
息をしている人なら、誰でもはもにかは、吹けます。


「吹き吸いするな!」と言われても、誰にも止められないものです。

つい、口に当ててしまっているものでしょう。


妹尾さん通信教育

 2011-01-29
昨夜の倉井夏樹&Nacomiさんのライブでも、MCで話題になっていましたが、
妹尾隆一郎さんのブルースハープ通信教育。

私もはもにかを始めて2年目、1996年当時、
まだ独り寂しく、誰も相談する人もない環境のなかで、
教則ビデオや市販教本に基づいてシコシコ練習していたころ、
勇んで受講生になったものです。


日本音楽アカデミーが主催していたもので(いまはこの講座はない)、
テキスト、模範演奏・カラオケを収めたカセットテープ、
それに4本のはもにかが教材として届きました。

自分で練習して、空のカセットテープに自分の演奏を録音して送ると、
添削してもらえるというものでした。

この通信教育で育った人たちは少なくないでしょう。


私は教本、模範演奏頼りに、せっせと練習はしましたが、
課題の演奏テープは、ついに一度も送りませんでした(笑


いまでもテキストだけ持っていて、久しぶりに出してみました。


通信講座 テキスト



受講期間は1年間だったと思いますが、
のちに妹尾さんの「ブルースハープトレーニングジム」で、
直接を教えを受けることになったとき、通信教育の話をしたら、

妹尾さんいわく、


「あれは本当は、10年分くらいの内容がある」

とのことでした。


受講料は無駄にはなっていないと思います。

「忙しい」とは

 2010-07-08
おとついの日記で

「忙中の忙、ブログの更新どころや、おまへん」

と書きましたが、まあ、これはウソです。

私がブログを書くのに使う時間は、
画像の処理なんか含めても5分か10分くらいです。

その時間がないはずはありません。


1日は24時間しかないし、ちゃんと睡眠をとり、
3食とももわが家でこしらえた食事で身体をつくる、
という基本は変わらないし、
1日に現実に片付けられる仕事の量は変わりません。


よく、「忙しくて、はもにかの練習ができません」という話を聞きます。


私は、「それは違うだろう」と思います。

忙しいからといって、人間はトイレにも行かないとか、
食事もしないとか、顔も洗わないとか、そんなことはないでしょう。
もしそうなら、病気や過労死の危険があるかも知れませんから、
楽器の練習以前に、仕事と生活のあり方を根本的に見直すことが必要でしょう。

練習をする人は、忙しかろうと何であろうと、
誰になんと言われようと、「練習をしてしまう」のであるし、
「好き」というのは、そういうことだろうと思います。


とくに、持ち運びの簡単なはもにかは、練習場所を選びません。
私は家では、ほぼ練習はしません。
全部、家から最寄り駅まで歩く途中とか、
仕事の移動中、信号待ちの交差点とか、
駅で電車を待つ時間とか、誰も他に乗っていないエレベータの中とか。


直接、楽器で音を出すだけでなく、
音源を聞いているとか、その楽器とその音楽の世界について考えているとか、
それも練習でしょう。

私も例によって、「へそくり音楽」ということで、
この2週間あまり、新たにレパートリーにする曲を、
じわじわ1曲仕上げました。

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク