スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

木綿きものとフェアトレード

 2010-03-15
きもの雑誌『七緒』2010年春号を読んで考えたこと。

その2(その3、その4があるのかどうかは、未定)。

お題は「木綿きものとフェアトレード」です。




『七緒』2010年春号で、神奈川県にある、
着物ギャラリー「クロマニヨン」というお店が紹介されていました。
http://www.krama100.com/

カンボジアの木綿地=「クロマー」と呼ばれる万能布を
さまざま扱ってはるそうで、『七緒』では、
手織りの着尺にも言及されていて、
どんな風合いなのか、実物を見てみたくなりました。


フェアトレードの対象商品だそうですが、
フェアトレードとは何か、については、とくに説明なしで、
『七緒』の大方の読者には、すでに共通認識なのか、どうか。


フェアトレードといえば、私ども夫婦は、ときどき、
大阪・天神橋3丁目にある、
「アチャ(accha)」さんにお世話になっています。
http://www.accha.jp/

この「アチャ」さんのサイトに、
フェアトレードについての解説があります。
http://www.accha.jp/html/fairtrade.html


これまでに、きものに合うバッグ(妻用)や、
わが家のきもの暮らしの必需品、手拭いを求めたりしています。

手拭いの一つで、インドの木綿。

アチャさんの手拭い


四季を選ばず持てる色使いと意匠で、
夫婦で愛用させていだています。


こうしたアジアの品々は、
木綿きものにぴったりくると思います。

というか、木綿きものの、縞にしろ、絣にしろ、
孤立した「伝統」ではなく、
元々はアジアと「いけいけ」だったもの。
そもそも日本もアジアの国。
「ぴったりくる」のは、むしろ当然ですね。

昨年、ベトナム・ラオスを旅した折、
現地の布地を求めたりしましたが、
フェアトレードの品々を通して、
アジアの国々のことともに、
日本各地の木綿きものの産地のことも、
いろいろ思い巡らせています。

コメント
>acchaさん

こちらこそお世話んなっております。

本記では、自分なりに消化・吸収したフェアトレードについて、
自分なりにちゃんと書こうと思いましたが、果たせず、
リンクだけにしてしまいました。

私のライブに「ブログを見て来ました」という方が、
ときどきいらっしゃいますが、
ブログを通じての出演依頼は実は初めてのこと。

追ってご連絡さしあげます。

バングラデシュの布、興味深々です!
近々、夫婦ともども、お店にもお邪魔します~

【2010/03/16 21:50】 | こにし #- | [edit]
いつもお世話になります。今日ブログを拝見してびっくり・・・・・、当店の紹介記事まで・・・・、ありがとうございます。実はお願いがあります。5月22日(土)世界フェアトレード・デーinn acchaのイベントに、40分位の時間ですが小西さんのライブをご披露いただけないでしょうか。貧乏イベントなので申し訳ないのですが、日程などなどお考えいただき今週中にお返事がいただければ幸いです。
 話は飛びますが、バングラディシュのガムチャ(大判のスカーフのような手ぬぐい)は、各家庭の余り糸で織られたもので、一枚一枚シマ模様・色が違い、わたしは感動・万能手ぬぐいとはまっています。
 ブログをお借りしてのお願いで大変失礼いたしました。
【2010/03/16 11:48】 | accha #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/956-81cbdbef
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。