FIHハーモニカコンテスト

 2010-01-22
きのう郵送で、FIH・JAPAN(世界ハーモニカ連盟日本支部)から、
6月に開かれるコンテストの案内が送られてきました。
ああ、もうそんな季節なんやなあ……。

同コンテストも回を重ね、ことしが第30回です。
第1次審査(音源視聴)は2月1日~3月31日までが募集期間。
第2次の本選、10穴はもにかの「ブルース・ポップ&ロック部門」の、
「ザ・ブルースライブ」は6月5日(土)、
会場はいつもの東京・吉祥寺「スターパインズ・カフェ」です。

詳しくは公式サイトを…と書こうと思ったら、
きょう現在、まだアップされていない様子です。

応募するのもよし、見物に行くだけでもよし。
なにしろ、ベテランから若手のプロ、アマまで集まって、はもにか三昧、
年に一度の10穴はもにかのお祭りです。


私がはもにかを始めたのは1995年ですが、
最初にこのコンテストに応募して本選に出たのは、
1999年の第19回で、これは、はっきり言って「まぐれ」でした。
以来、毎年ともかく応募してきましたが、

2000年 1次予選落ち
2001年 1次予選落ち
2002年 1次予選落ち
2003年 本選出場 特別賞
2004年 1次予選落ち
2005年 本戦出場 1位

歴代の出場者には、出てその年に特別賞、次の年に1位、
というような方もいてはりますが
私の軌跡はこんなもので、「七転び八起き」といいますが、
さしずめ「四転び三起き」で、転んだ方が多いですな。
とくに00年から3年間は、やってもやってもダメでした(笑)

もとより音楽、とくに私らがやっている10穴はもにかの分野で、
点数で競うとかいうのは、本来は似つかわしくないと私は思います。
ライブでお客さんに受けたとか、総立ちにさせたとか、
演奏を聞いて「つい涙してしまった」とか、
そいういうのは点数では表現できないし。

演奏テクニックの正確さなどは、点数化しやすいのかも知れませんが、
他の楽器のことは分かりませんが、10穴はもにかでいえば、
好きで一生懸命練習を続けていけば、
人によって時間の長短はあっても、
技術は身についていくものだと思いますが、
どうでしょうね。

だからある時点で一定の「評価」が下されてても、
それはその時点のレベルであって、別に人格を否定されたわけでも、
また、私はよく言うのですが、「命を取られる」わけでもありません。

「やってもやってもダメだった」00年~03年ごろ、
自分自身では「俺って、結構吹けるやん」みたいなことを、
いまから思えば感じていたと思いますが、
第1次審査の結果通知に添えられた寸評には、
毎度、同じようなことが書かれていました。

「メリハリがない」
「抑揚がない」
「ビートが見えない」

……って、そんなこと言われても、
ではどうしたらいいのか、自分では今ひとつよく分からない。
いまでも言葉では、なかなか説明できません(笑

私自身がコンテストに応募し続けて、よかったのは、
上のような寸評の意味を自分なりに考えたりすることが、
自分がはもにかを続けていく上での励みの一つになったということです。

さらに、本選に出た3回、東京・吉祥寺の会場に行くことで、
首都圏はじめ全国あちこちに、「はもにか仲間」ができたことは、
「おっさん勤め人はもにか吹き」にとっては画期的でした。

去年の5月と8月に、
FIH出身のプロ奏者・平松悟氏とライブをご一緒しましたが、
これも「吉祥寺発」の縁ですね。

2005年の後も、06年、09年と見物に出かけて、
セッションで乱入してきましたが、さてことしはどうしよう。

昨年の吉祥寺で、みゅーじばーす&平松氏のステージに乱入の図

FIH.jpg

後日談で、平松氏の知人(生徒さん?)で客席にいらした方が、
「落語家さんではもにか吹く方がいるんですね」
とおっしゃったとか。









コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/894-c6551ed4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク