久留米絣と、快調「居酒屋こにし」

 2010-01-21
さて今夜は、きのうの日記でも書きましたが、
「木綿きもの伝授手習鑑」で、妻の知人の方が来宅、
木綿きものをネットで注文してから、夕食をご一緒しました。

木綿きものは、 宮崎の「染織こだま」さん
http://someorikodamas.com/
のサイトであれこれ品定め。

普段のきもの暮らしに手放せないという持論も申し上げて、
久留米絣をお勧めし、
わが家にある久留米(すべて「染織こだま」さん)も出して、
風合いや手触りを感じていただいた末に、
まずは1着目の木綿きものとして、久留米で決まり!

サイトの注文フォームの入力(寸法や水通しの指定など)を、
なりかわって私がさせていただきましたが、
まるで自分のきものを誂えるようで、めちゃめちゃ楽しかったです。


目出度く木綿きものデビューの一歩を踏み出してから、「居酒屋こにし」。

今夜の献立より


■焼き葱に辛子酢味噌

葱・辛子酢味噌


■刺身

刺身

鯛は昆布〆、ホタテは炙り


■豆腐の本葛あんかけ

本葛あん豆腐


■スルメ芋煮

するめ芋

これは、スルメと、スルメの戻し汁、しょうゆ、みりん、酒で、
ジャガイモと葱(上の辛子酢味噌かけに使った葱の青いところ)を煮たもの。

あと、〆で、写真はありませんが、鯛粥。

妻、いささか酔っ払って、 「スルメ絣」などと口走っておりました。


おしゃべりも弾んで、楽しい夜。

コメント
>いとはんさん

ご来店1名様の場合は、こういう献立もあり、
というのも、ざっと「ありネタ」を基に、
2人分を3人分に分けて出すという技が使えます(笑

ミナミ閑散、
不況下では「おうちごはん」になるんでしょうねえ。
【2010/01/22 08:03】 | こにし #- | [edit]
お世辞抜きでほんまに美味しそうです。

「居酒屋こにし」は商売繁盛ですね~

この間ミナミに行ったところ、人通りも少なく寂しいかぎりでした。
【2010/01/22 06:37】 | いとはん #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/893-33efdc94
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク