ベンドの話

 2009-11-05
きのうは久しぶりに、私設「はもにか教室」の出前講師。
基本1時間、マンツーマンのレッスンです。

前半は、「はもにかをやる限りは死ぬまでついて回ります」と、
かねてより、口をきわめて強調している「バンプ」のおさらい。
後半は、10穴はもにかの演奏にとって欠かせない、ベンドの導入。

バンプは1番穴と2番穴の重音を、リズミカルに吹き吸いします。
そのリズムがブルースのシャッフルになっていることが目標です。
ですが、最初はどうもぎこちないものになりがちです。

私のみるところ、「吸い」、「吹き」のそれぞれが、
いわば単なる往復の「直線運動」になっているから。

それを曲線の「円運動」にしたい。

「直線」→「円」にするための、いくつかのアプローチを解説。
実演してみて、生徒さんに繰り返してもらいます。


後半のベンド。

低・中音部の吸い音を、吸い方をコントロールすることにより、
音程を下げることができ、これを身につけることで、
10穴はもにかの世界がぐんと広がるという演奏技術。

ところが、穴にもよりますが、
ちょっとやそっとでは、できるようにはなりません。
中には、比較的簡単に「できた!」という人もありますが、
いってみれば最大の難関、ほとんどの人がベンドで壁に当たり、
場合によっては楽器そのものをやめてしまうところです。

なぜ難しいのか。

私が最近、こんなふうに考えています。

 10穴はもにか本来の設計意図は、
 吹き吸い計20枚のリードを、それぞれチューニングされた音を、
 そのまま出して演奏するというもので、
 ベンドするなどという奏法は、まったく想定していない。

 ベンド(フェイクも含む)は、
 10穴はもにかを手にしたアメリカの黒人の人たちが、
 何かの拍子に発見して、「こらええなあ」となった。

 その技術が進化・発展して、
 「10穴を10穴たらしめる」とでも言えるほどの、
 不可欠の奏法になった。

ということです。

だからベンドは、楽器本来の意図とは別に、
あるで意味むりやり、無茶なことをしているわけで、
その限りで「できなくて当然」だろうと思います。

同時に、10穴はもにかの構造上、ベンド奏法は成り立つわけで、
練習することで、そのうち必ずできるようになるとも思います。


私もかつて、さんざんベンドで苦しみ、
ときには半泣き状態になって練習したときもあります。
各種の教則ビデオ、教則本を買ったり、立ち読みし、

「味噌汁を、行儀悪くズズズズ…と飲むように吸ってみる」
とか、いろいろ説明を試してみたり、
「人体解剖図」で口腔内の断面標本写真を眺めてみたり…

いまでは、わざわざ「ベンド奏法をやる」とは特に意識しなくても、
自分の思ったように音程を変えることがきるようになっています。
ところが、そうなればなったで、こんどは、
ベンド奏法について伝授することの難しさを痛感します(笑)
(私の教授力のレベルにもよるとは思いますけれど)

物理的には、唇、顎、舌を中心とした身体の部分の動きが、
ベンド奏法にかかわっていますが、
口の中のことは、相手も自分も見えないし、見せられない。

というわけで、教則本でもベンドの解説では、
「必勝法」「攻略法」などなど、いろいろ工夫されているのがよくわかります。

もとより、スイッチを入れればその音が出るというものではなく、
身も蓋もない話ではありますが、結局とのころ、
10穴はもにかを吹けるようになりたいと思う人が、
どれだけ試行錯誤を繰り返して自分で、「あ、できた!」となるしかなく、
先にできるようになっている者としては、
ちょっとくらいのお手伝いができるかな…どうかといったところでしょうか。

あとは、実際の演奏曲などでベンドされた音や雰囲気をよく聞いて、
「私も、あんなふうな音を出したい」というイメージを離さず、
練習してみるということではないかと思います。

いまの時代、小さな10穴はもにかを手に、
ああでもない、こうでもないとやるのは、むしろ豊かでっせ。

いまのところ確かなことは、
ベンドについてなんとか伝えようとすることで、生徒さんそっちのけで、
私自身、さらに気持ちよくベンドがかかるようになっていることです(笑)

コメント
>kuma3さん

順番としては、気持ち、気合、技術、でしょうか。

ただし、やればやるほど、雲は立ちこめまっせ~

お楽しみに。

【2009/11/05 21:29】 | こにし #- | [edit]
昨日はありがとうございました。

技術+気持ち+気合 でベンドかな??

しかし、昨日は、頭の中の雲がすっきりと晴れました~~!
【2009/11/05 21:24】 | kuma3 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/812-eaff9b73
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク