スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ベトナム・ラオスの旅余談(1)

 2009-10-20
9月末にベトナム・ラオスに旅した折、
ラオスの古都・ルアンパバーンにいたときのお話。

ラオスの現在の首都は南部のビエンチャンですが、
元王都があったのが北部のルアンパバーン。
世界遺産に指定されているその町並みを一望にすることができる、
「プーシーの丘」というのがあります。

ツアー中、その丘に行くという日程がありましたが、
石段を350段ほど登らねばなりません。
私はそれまでのメコン川の船行きで疲れてしまい、
妻だけ登ってもらって、私は下で待っていました(笑)

もうひとり、登らなかった女性と2人でベンチに座って待っていたときのこと。

ちょっと離れたところで、女の子が、
土産物をお盆のようなものに並べています。

「こっちに来るつもりやな」

と思ったが案の定、やってきました。


旅に出る前から、私は、ストリートで物は買わないと決めていました。
妻は「そんなこと言っても、いっぱい売りにきはるそうですよ」と言い条、
私は、買わないと決めたら、買わない。キリがない。

実際、ラオスでも「お土産」を買ってくれというのは、
何度もありました。多くは子どもたちが持ってきますが、
みんな、目の届くところに母親やおばあさんがいてのこと。

ベトナムの空港では男性から声をかけられましたが、
ベトナム語なんで、こっちはチンプンカンプン(笑)

ところが、旅の間で、ルアンパバーンの丘のふもとで出合った、
この女の子だけは、気合がちょっと違いました。

まずは威儀を正して私たちの前にたたずみ、

「Can you speak english?」

私はブルースで英語の歌を怪しい発音で歌ってますが、
英会話はできませんし、身につけるのも面倒なのですが、

「… just a little」

と返答。

その女の子は「わかった」とうなづいて、

女の子「Where are you from?」

私「Japan」

女の子「Oh,I know Japan!」

といって、やがて商品の説明を始めましたが、
そのあたりから、私は、やりとりができません。

女の子が持っている品物は、私には不要なもので、
いろいろ言われても、結局、私は、

「I'm sorry」

を繰り返していました。

と、その女の子は、

「You buy, I go !!」

とキッパリ言いました。つまり、

「あんたが買うまで、うちは動かへん!」

というわけで。

女の子は10歳くらいでしょうか。
その姿は、まるで不動明王のように見えました。

と、丘に登っていた妻が下りてきました。
妻は、多少は英会話ができるので、
私は引き下がりました。


手作りのブレスレットを1つ2ドルだと女の子が言うので、
「それは高い。2つで3ドルなら買うが、どうか」と妻。

それで商談成立。
妻も、ベトナム・ラオスでストリートでモノを買ったのは、このときだけ。

ブレスレット


当日は夫婦ともきもの姿でしたが、その女の子、
最後まで「役者が一枚上」だったのは、別れ際に、
妻に言った台詞。

「その帯、なかなか素敵でっせ」(と、英語で)


生活を背負っていた、その女の子。

12歳で家を飛び出て、はもにか1本でく放浪して大人になった、
リトル・ウォルターのことを私は思い出していました。



コメント
>番頭さん

じゃりン子チエみたいに逞しい子でした。

あと、忘れてました。妻は焼き物の村で、
ゾウ(向こうでは身近なモチーフ)の小さな焼き物を買いました。

12歳の子どもが手回しのろくろで器をつくる実演?をしていて、
みんなで「上手いもんやなあ~」とか言っていると、
すかさず、仕上がった品々を持ってきてくれたのです。

【2009/10/21 06:45】 | こにし #- | [edit]
こにさんご夫婦と女の子とのやり取りの様子が目に浮かびます。

名所旧跡を巡ったことや美味しいものを食べたのも思い出になりますが、

ほんの些細なことが印象に残るものですよね、旅って。

そんな出会いこそ素晴らしいと思います。

手作りブレスが大切な宝物になりそうですね。
【2009/10/20 23:54】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/801-fe7ebbd7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。