スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

笛とろうそくの火

 2009-10-18
ろうそくの火は、いかに暗いか。



昨夜は夫婦で、地元にある骨董「福嶋屋」さんで開かれた、
第4回サロンコンサートに行ってきました。

福嶋屋さんには「きもの倶楽部」で、私自身演奏さしていただいたり、
9月末にはクロマチックハーモニカの木谷悦子さんのコンサートで、
お邪魔しました。

サロンコンサートはそれとは別に、毎年開かれているもので、
演奏会場は古い商家である福嶋屋さんの離れ座敷。
「きもの倶楽部」ではいつも昼で、夜の離れは初めてです。

離れ

足元の照明は、竹筒の中のろうそくの火

足元のろうそく

今回のコンサートは「秋をうたう笛の夕べ」として、
野中久美子さん(能管)、松尾慧さん(横笛・語り)の出演。

最初は野中さんによる、能管の古典独奏曲「平調音取(ひょうじょうねとり)」。
このときは離れの中の電気照明はすべて消して、
燭台が2本だけを光源にして演奏開始。

テレビの時代劇なんかでろうそくが灯っているシーンは、
実は明るすぎて、ウソ(笑)だということがよくわかりました。

奏者の姿がぼんやり黒く認められるだけ。
その空間から、能管の音が生まれてきます。

ところが不思議、1曲が終わるころには、
かなりはっきり、奏者や背後の床の間なども見えてきています。
人間の目の方が慣れてくるんですな。

そのあと続く演奏は、燭台に加えて、
室内に最小限の白熱球の光を少し足して進行しました。

演奏


演奏会のテーマは「シルクロードへの郷愁」とて、
正倉院の時代からの笛のこと、大陸との関係などの解説もあり、
笛は神的なものや「異界」とをとりもつ楽器である、
というお話もありました。

夜の闇や、光の有難さ、その中での音世界に対して、
電気のなかった時代の人たちのほうが、
実は敏感だったのかも知れません。




コメント
>オムTさん

月見の船とは、いかにもよろしいですね~。

ある種、逃げ場のない闇ですね(笑

目の前で聴くのは、息遣いも含めて聞こえて、
「まるごと」で、能管2本ともなれば、
バンド演奏に匹敵くらいの迫力でした。

昨夜は終演後、奏者の方が、
観客のみなさんに解説演奏みたいなことをしてはって、
そのとき私は会場の外の道に出ていたところ、

「どこからかともなく、笛の音(ね)が」

という風情で、これもいいなと。

実は私も聴きながら、「日本酒が欲しいな~」
と思ってました(笑)




【2009/10/18 10:55】 | こにし #- | [edit]
以前、嵐山の月見で船に乗り、真っ暗な川の中で能管を聞いたことがあります。
なんとも体に直接響く音でした、当然入り込める暗さであり、外部と遮断された、特殊な環境ですが。

下世話ですが、こんな時はやはり日本酒がうまい。
【2009/10/18 10:44】 | オムT #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/799-d0623716
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。