ダイアン吉日さん

 2009-06-08
FIHコンテスト見物して、翌朝は早々に起きて帰阪。
地元で午後1時から始まる「英語落語会」に行ってきました。


帰りの新幹線車窓より、近江路の麦畑

麦畑


さて、地元茨木市にある骨董「福嶋屋」さん
http://www.geocities.jp/shop_29408/
古い商家を利用した、骨董とアンティークきもの、カフェのお店です。
こちらを会場に、「福嶋屋きもの倶楽部」と銘打って、
純邦楽などのライブや茶道体験、着付け体験などテーマを決めてイベントがあります。
私も昨年9月に「こにしんぼ」で出演さしていただきました。


第10回目となった昨日は、ダイアン吉日さんの英語落語会。

ダイアン

ダイアンさんの詳しいプロフィールなどは公式サイトで。
http://www.diane-o.com/

以前からお名前と活躍ぶりは存じていましたが、
「落語家」という枠に収まらない、総合エンターテイメントというか、
とにかく、すごいパワーとオーラの方。

創作落語「ワンダフルジャパン」1席とトークショーで、
2時間があっという間でした。


落語に目覚めたのは、故・枝雀さんの高座で、
お茶子を勤めたときだそうです。

枝雀さんはおろか、落語について何も知らず、
ただ着物を着ることができる、というだけで、
お茶子を引き受けたとか。

トークショーでも、そのときのエピソードを紹介してはりました。

舞台袖で見た枝雀さんが演じたのは「時うどん」

イギリス人である自分も笑ってしまう枝雀さんの芸のすごさ
座布団に座って、小道具は扇と手拭だけなのに、
昔の日本のうどん屋の様子がそこに見えた
 ――「昔のうどん屋が見えた」というダイアンさん自身もすごい。

落語との出会いを語るダイアンさんの表情や、言葉に、
枝雀さんの姿が重なりました。


きもの100枚くらい持ってはるそうです。
会が終わってからご本人と話をすると、
日ごろは大阪ではマウンテンバイクで移動しているが、
そうでなければ、できるだけきものを着るとのことでした。

私の妻が、「女性の大敵、冷え性から守ってくれるのが帯」と話すと、
「いいこと聞いた」とダイアンさん。


福嶋屋さん店先にてダイアンさんと

ダイアンさんと


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/663-99fb0646
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク