FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ブルースをナメるな!」~山中湖畔合宿の段③その2 妹尾さんのことば#26

 2018-07-09
#25の記事で書いた、東京の生徒さんの演奏、
DeFord Baileyの「Davidson County Blues」、
私は「うわぁ、完コピや。すごいなあ」
と思ったのですが、妹尾さんのコメントは、

「ブルースをナメるな!」


妹尾「この曲は何や?」

と聞かれて、シドロモドロの生徒たちを尻目に、妹尾さんは、

「これは、ヒバリ(鳥)が鳴いているところや!」


言われてみれば・・・

東京の生徒さんに続いて、合宿の夜の最後(未明)に、
私は自分が録音した「妹尾版Juke」を聞いてもらいました。

妹尾さん曰く、

「お前な、コンテストの審査委員になったつもりで、
 この演奏のどこかええところか、言うてみ」



と、私は何も言えませんでした。

そして妹尾さんは、#24で書いた、

「ここはお前らみたいなもんが来るところと違う。ただ・・・」

という話をしはったのでした。


実は「Davidson County Blues」を吹いた東京の生徒さんも、私も、
同じことを言われていたんやな、
ということに気付いたのは、この連載を書いている中ででした。
(言われてから20年近く経って・・・)

妹尾さんは雑誌「ニュー・ルーディーズ・クラブ」(1994年)の、
「ボブ・ディラン」特集のインタビューで、
こんなことを喋ってはります。

「テクニック的に解明していくと、
 さほどブルースって難しいことはない。
 でも、テクニックがあってもブルースは出来ひんねん。
 もっと違うものを掴み取らんとブルースは出来ん。
 それは音楽の表面上に現れてこない、
 奥底に隠れたもんやから。
 だから逆に難しい」


私はここしばらく、ライブ活動を基本的に休んでいます。
ひところ、ほんまに苦痛ですらあったのです。

「好きでやってるはずのことで、何でしんどいねん」

と思って、休んでいます。

なんで「しんどい」のか。

それは、楽器が演奏できて嬉しい、
というのとは違う、

「もっと違うものを掴み取る」

ということが、いつの間にか、
おろそかになっていたのだろうと、
これを書いていて、思うのです。


写真は2007年4月発表の
「Weeping Harp Senoh Harp Solo WagamamaCD」

IMG_2945.jpg




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2687-cda6be55
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。