FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ここは、お前らみたいなもんが来るところと違う。ただ…」~山中湖畔合宿の段② 妹尾さんのことば#24

 2018-07-02
前回の#23から半月以上、間があいてしまいましたが、連載再開です。

山中湖畔のスタジオ村で合宿したお話の続き。

明け方に赤富士を拝んでから、朦朧としながら、
森に囲まれたスタジオ村に到着。生徒一堂、まず男女に分かれて、
それぞれのロッジへ。で、まず眠りました(笑。

起き出して風呂に入り、湯上りに屋外でとりあえずビア。
森の中を風が吹き抜けて、頭の中にあるアレコレのことを、
どこかへ流していってしまいます。

ここはサウンドビレッジという宿泊施設付きのスタジオ村
http://www.soundvillage.co.jp/


このときの合宿は、妹尾さんの東京教室の生徒さんがメーンで、
まずは東京の生徒さんが順次スタジオに入り、
「妹尾版JUKE」を録音して、妹尾さんの指導を受けていきます。

京都ジムOBの私は「ついで」に「おじゃま」したようなことなので、
昼間、皆さんの合間に録音して、あとで妹尾さんに聞いてもらうことにして、
皆さんの様子を見学したあと、夜はみんなでバーベキューでした。

妹尾さんは言いました。

「ここはな、お前らみたいなもんが来るところと違う。
 ミュージシャンを志した連中が、下積みで苦労しぬいて、
 世間にも認められるようになって、
 やっとの思いでデビューアルバムをつくるとか、
 そいういうところや。
 ただ、それでも、お前らにとって体験の一つやから、
 こうして連れてきたんや」

と。

このとき参加していた生徒(私も含めて)、
趣味・道楽で、ぼちぼちはもにかと関わっている程度です。

もちろん、既定のお金を支払えば、この施設は利用できるかもしれません。
「お金さえ出せば」というのは、他のことにも当てはまる(ように見える)でしょう。

でも、世の中、それでいいのか?

(このあたりのことは、連載の別の機会でまた書きます)

妹尾さんが、上に記した言葉、
合宿のどんな場面で言ったのか、
というのが、次回のお話です。

(つづく)

IMG_2911.jpg




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2685-4128e8b6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。