FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「見よ、あれが赤富士や」~山中湖畔合宿の段① 妹尾さんのことば#23

 2018-06-12
「妹尾さんは富士山マニアだった」というお話。

2000年の夏だったと思います、東京教室の合宿に参加したときのこと。
前年にも八ヶ岳のふもとであった東京教室の合宿に合流しましたが、
このときは京都ジムOBからは私だけでした。

新幹線で東京へ出て、渋谷・道玄坂のヤマハで、東京教室を見学。
そのあとみんなで中野のライブハウス「Bright Brown」で、
「Blues File No.1」のライブを見てから、日付が変わるころ、
東京の生徒さんが運転してくれる車数台に分乗して、
山中湖畔のスタジオ村に向かいました。

運転する人は大変、生徒も眠れたり眠れなかったりで朦朧。

夜が明けようとする頃だったでしょうか。
各車に妹尾さんから携帯電話で連絡が入り、

「車は全部止めろ!」

何事かと下車した生徒一同に、妹尾さん、

「これから、ここで富士山を見る」

と、目の前に夏の富士の山影、
妹尾さんを先頭に、道にたたずむ生徒一同。

夜が明けるにしたがって、なんと、
富士山が赤く燃えるように輝き始めたのです。

「見よ、あれが赤富士や」

私は、

「おお、北斎や!」

と思わず、富士山を拝んでしまいました。

赤富士


やがて日が昇ってしまうと、その燃える赤は消えてしまいます。

妹尾「よし、行くぞ」

同じ夏場でも、天候や気象条件によって、
必ずしも赤富士を拝めるわけではありません。

このときは、本当にラッキーでした。

と、いう話を合宿で東京の生徒さんにも話すと、
ある生徒さんいわく、

「前に妹尾さんを自分の車に乗せたら、
 『いまから富士山に行け』と言われて・・・
 道は混むし、俺は早く東京に帰りたいのに・・・
 あのときは妹尾さんを殴ろうかと思った」

とのこと。

その生徒さんはお気の毒でしたが、
はもにか、ブルースに限らず、妹尾さんは、
入れ込んだものには、「ハンパ」ではない人でした。

(山中湖畔合宿の段 つづく)

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2682-d7be6977
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。