FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「お前、もう、フレーズとか考えんとけ」 妹尾さんのことば#22

 2018-06-11
このところ、ずっと書き続けている連載「妹尾さんのことば」。

世間様に意味があるかどうかは分かりませんで、
自分のために書いてきたようなもの。

それでも、先日の京都での送る会があった9日を、
ひとつの区切りにしようと思っていましたが、
書いているうちに、いろんな記憶が蘇ってきたりしまして、
もうちょっと続けます。

京都のジムは1998年末に終わりましたが、
京都に通っていた縁で、私は京都のブルースセッションに、
大阪からせっせと通っていました(今はようしません)。

それでも2000年代に入って、
住んでいる大阪に軸足を置きたいということで、画策。
2003年に谷町6丁目に開店した「Page One」での、
ブルースハープ教室の講師として妹尾さんを迎える算段をして、
2009年まで、私はその世話人を務めていました。

受講希望者との最初の対応、名簿の管理、
授業料の集金、それに、
妹尾さんが遅れるときの「つなぎ」のレッスンとか、
風邪でダウンしはったときの基礎練習の代講師など。

実務はいろいろありましたが、毎月2回の教室に、
基本的に同席して、横で聞いていて、
自分にとっての復習をしていたようなところもあります。

ある日(正確な年月は思い出せません)の教室で、
妹尾さんが、

「あのな、伸ちゃん(ギタリストの塩次伸二さん)が、こんど、
 京都の北山のMOJO WESTというところで、ライブするんやけど、
 そこにな、ドラムスのバーナード・パーディーがな、
 お忍びで来て、叩きよるねん。
 聞きに来たいやつは、来るべきやで。俺も行くし」

と情報提供。

ライブのチャージはともかく、
巨匠・バーナード・パーディーはある種、
「タダで聴ける」(妹尾さん)ということで、
私も北山まで出かけました。

妹尾さんは客として来てはって、
途中で1曲だけゲスト的に吹きはりました。

で、ライブが終わって、妹尾さん、客席で急に、
私が意見を求めたり質問したわけでもなかったですが、

「おう、小西。お前、もうフレーズとか考えんとけ」

と言わはったんです。

「な、2番吸ってたら、その曲のキーとは外れへんやろ。
 そやからな、もう、フレーズとか考えるな」

と。

なんで突然、そんなアドバイスをくれはったのか。
当時私は、少しずつライブ活動もするようになっていましたが、
妹尾さんは、その私の演奏を聞いてくれてはったわけでもありません。

ただ私はそのころ、どんな曲をやるにしても、
覚えたフレーズをその場で吹き吸いしているだけでした。
いわば毎回、「自分をなぞっていた」ようなもので。

そんな私のレベルを、音を聞かなくても分かったのでしょうか。

「それではあかん。その先に行って自由になれ。
 その場で自分のいまの気持ちを込めんと、
 ブルースはできひんぞ」

ということを、伝えようとしはったのかと、
いまになって思うのです。

写真は、9日の京都での送る会で参列者に配られた、
メッセージカードやポストカード(家宝にします)

IMG_2789.jpg



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2681-a5c8465b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。