FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「お前の音は、だらしない」 妹尾さんのことば#19

 2018-06-07
京都で1997年9月から始まった、妹尾ジムは、
翌98年12月で終了となりました。

バンプなどの基礎訓練、簡単なフレーズの練習の後、
Little Walterのインスト「Juke」を、
妹尾さんが練習曲用の6コーラスにアレンジした、
「妹尾版Juke」に取り組んで、一区切りです。

妹尾版Juke1コーラス目の妹尾さん直筆タブ譜

IMG_2768.jpg


「オレは基礎しか教えない。
 Jukeを終えたら、みんな、いったん放り出す。
 それがオレの方針や」

と妹尾さん。ただ、ジムの終了にあたって、

「一人一人の、いまの到達点を残しておく」

ということで、カラオケのバンド演奏で、
生徒一人一人がJukeの演奏をして、
それを録音することになりました。
エンジニア役は妹尾さんがしてくれはりました。
(しかも、授業料なしで)

私は、そのときに録音した音源(カセットテープ)を、
世界ハーモニカ連盟日本支部(FIH JAPAN)の
第19回コンテストに応募したところ、
テープ審査の予選を通過して、
東京・吉祥寺はスターパインズカフェでの本選に、
出ることになったのでした。

応募したことや本選に出ることは、
妹尾さんには話しておらず、
当日、会場にいた妹尾さんは、

「お、小西が出てるんか」

となったそうです。

それが99年5月のこと。

6月になって京都三条木屋町のライブハウス「RAG」で、
妹尾さんのバースデーライブがあり、
ジムの卒業生である私たちも、聞きに行きました。
妹尾さんと一緒に生徒も演奏するというコーナーもあり、
私もステージに上げてもらいました。

で、ライブが終わってから、妹尾さんに、
コンテストでの私の演奏がどうだったのか、
聞いてました。

妹尾さんは即、

「お前の音は、だらしない」



・・・・・・・・・・・・・・私は、やっとのことで、

小西「『だらしない』て、どういうことでしょうか。
    そうやない音を出すには、何したらええんでしょうか」

妹尾「う~ん。それはな、口では言えん。極意やから」


落ち込むというか、途方に暮れるというか、
お先真っ暗というか・・・

その後、私はセッションに出たり、
遅まきながらバンドやデュオでのライブ活動も、
自分のペースでやってきましたが、

ずっと、この「だらしない音」をめぐって、
もがき続けてきたようなものです。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2678-f84c8385
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。