スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「紙一重」実は「天と地の開き」

 2017-07-07
昨年(2016年)10月半ばから、はもにかの奏法を、
「パッカーリング」から「タングブロッキング」に変更して、
試行錯誤の日々が、あれよ、あれよという間に過ぎてしまいました。

で、つい先日、

はた!

と気づくことがありました。

「なんや、いまごろ気づいたんか?!」

と言われそうですが。。。。模式図でご説明しましょう。

「パッカーリング」は目的とする音、たとえば4番穴を狙って、
口をすぼめて、その穴の音を吹くなり、吸うなりして出します。

模式図



「タングブロッキング」は、ガバッと4つほどの穴をくわえて、
3つの穴を塞いで、右端の1つの音だけを鳴らす奏法です。

模式図3


で、今回、「はた!」と気付いたのは、
私は、その、3つなら、3つの穴を「舌で塞ぐ」ことばかりに、
気をとられてしまっていたということ。

大事なことは、

「口をすぼめて1つの穴の音を鳴らす」

のも、

「4つの穴をがばっとくわえて3つを塞いで1つの穴の音を鳴らす」

のも、

「1つの音を鳴らす」

のは、

「同じこと」

だということ。

なので、

「穴を塞ぐこと」よりも、
「塞いでいない穴の音を鳴らす」ことに、
意識を集中するようにしたのです。

模式図2


そしたら、音がそれまでと違いますねん。
ベンドもやりやすいし。

「がばっとくわえて、舌で塞いでいる穴以外の音」

は、それはそれで鳴っているわけですが、
でも、その「塞ぐ」という舌のことよりも、
「塞いでいない」穴(そこにあるリード)をいかに鳴らすか、
そこに意識を集中する。

これって「紙一重」のことなんですが、
生まれる音には「天と地の開き」があるんやなと、
つくづく思う、きょうこのごろ、であります。




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2650-c1416651
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。