「菅原」を見る~4月文楽公演

 2017-04-13
4月13日、大阪・国立文楽劇場へ、まずは「4月文楽公演」の第1部を見物。

開場前に着いて、劇場窓口で当日券の2等席を求める。

プログラムの表紙は「菅原伝授手習鑑」、寺子屋の松王丸の衣装「雪持ちの松」より

IMG_4118.jpg



当月は豊竹英太夫改め六代豊竹呂太夫襲名披露。

IMG_4107.jpg



私はようやっと、ちょうど1年前の「4月文楽公演」で文楽デビュー、
以来、文楽に恋こがれて、あっという間に1年が経過。

文楽の襲名披露も初めての体験です。

劇場ロビーの飾り付け。

IMG_4112.jpg


文楽の襲名披露口上も初めての体験。

歌舞伎だと、襲名する役者の名前や紋を染め抜いた、
贔屓筋からの引き幕がかかったりしますが、ここは文楽劇場の緞帳。

片砂切で幕が開くのは歌舞伎と同じ。

IMG_4114.jpg



口火は咲太夫さん。三味線部を代表して鶴澤清治、
人形部を代表して桐竹勘十郎の両氏が、お祝いの言葉。

で、呂太夫さんご本人はしゃべらず。

なるほど、そういうものか・・・と思う。

第1部のめあては「菅原伝授手習鑑」。

茶筅酒の段、喧嘩の段、訴訟の段、桜丸切腹の段。そして寺入り、寺子屋。

IMG_4108.jpg

IMG_4109.jpg


歌舞伎の寺子屋、松王丸でいえば、
十三代目仁左衛門、当代仁左衛門(孝夫時代含め)、
幸四郎、吉右衛門、十八代目勘三郎などの舞台を繰り返し体験してきましたが、
文楽では初めての体験です。

「茶筅酒」~「桜丸切腹」までは歌舞伎では「賀の祝」と、
ひとくくりになったりしますが、
これも今回初めて文楽で見ました。

歌舞伎だと、つい、桜丸がこの場の主人公のように見えますが、
文楽でみると、

「ああ、この一連の場の主役は、白太夫なんやなあ」

と思ったりする。

「寺入り/寺子屋」は、文楽と歌舞伎の一番の違いは「寺子屋」の最後、
「いろは送り」でしょうか。

歌舞伎では、なんといっても松王と源蔵に目がいきますが、
文楽、ことにその「いろは送り」では松王と千代の「夫婦」が主役。

ドラマが迫ってくるなと思いました。

この4月、「寺子屋」は幕見で、あと何回か見たいものです。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2643-009c6f8b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク