タングブロック奏法 移行始末記(覚書) その1

 2017-02-02
はもにかプレイヤーの方には言わずもがなですが、
はもにかを鳴らすには、2つの奏法があります。

ひとつは、唇をすぼめて、
目的とする音(たとえば4番穴の吹音)だけを鳴らす、

「パッカリング奏法」

IMG_3106.jpg


もうひとつは、同じ4番穴の吹音を鳴らす場合に、
1番穴から4番穴(または2番穴から4番穴)を「ガバッ」とくわえて、
舌で1番穴から3番穴(または2番穴と3番穴)を押さえて塞ぎ、
残りの4番穴を鳴らす、

「タングブロッキング奏法」

IMG_3107.jpg

です。


私は22年前に単音10穴はもにかを始めて以来、
基本的に前者の「パッカリング奏法」で練習して、実地にも演奏し、
一部、「タングブロッキング奏法」を併用してきました。
(舌をつけたり、離したりしてリズムを切るときなど)
割合でいうと、「パッカリング奏法」が8割、
「タングブロッキング奏法」が2割くらいでしょうか。

一方、黒人のはもにかプレイヤーは伝統的に「タングブロッキング」、
という話は聞いたことがありますし、
知人のプレイヤーでも、「タングブロッキング」が中心という方もいます。

それでも私はずっと「パッカリング」でやってきて、
それで、音程を変えるベンド奏法はじめ、
ひととおりの演奏技術は習得したつもりでいて、
まあ、これまでのように、また、これからも、
「パッカリング奏法」をメーンにしてはもにかを吹いていくことに、
まるで疑いを覚えずにきました。

ただ、「タングブロッキング奏法」で、
低音部の2番穴~4番穴のベンドを、たまに自分でやってみて、
どうもキッパリ決まらないのは、なんでだろう?
先人たちは、それでちゃんとやっているのに・・・
ということは、何年もの間、疑問に思っていたことでした。


で、昨年10月。

先輩のプレイヤー、Harpin'Joeさんのワークショップに参加して、
ひととおりのプログラムが終わったあと、
Joeさんを囲んでの歓談タイムのとき、
参加者の方から「タングブロッキング奏法」についての質問が出て、
ついでに、私もJoeさんに、ちょっと聞いてみたのでした。

Harpin' Joeさん公式サイト
http://www.harpinjoe.com/

「タングブロックのとき、舌のどこを当てているんですか?」

Joeさんいわく、

「あ、それは舌の裏側というか、下側、『にゅるにゅる』した側です」

えっ!!!!!

考えてもみないことでした。
私はそれまで、何も考えずに、
単に舌を前に出して当てているだけでしたから。

歓談タイムを中座して帰路についた私は、
ワークショップ会場のライブハウスを出て、すぐさま、
楽器を出して、舌の裏側・下側、Joeさんいわく、

「にゅるにゅる側」

当ててタングブロックで、ベンドをかけてみました。
すると、これが、

めっちゃ、ええ感じ!!!

で、ベンドがかかるではありませんか。

最寄り駅まではもにかを鳴らしながら、
私は、ニタニタしていたでありましょう。

ところが、これが間違いの始まり??というか、
昨年10月から数ヶ月間の、どん底の日々??
悪戦苦闘の始まりだったのです。

(つづく)


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2634-0b0e90d7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク