「出音」の大きさ~マリンバンド現行品と旧製品

 2016-06-10
先日、大阪市旭区の古書店に行きました。
古書以外にも、古道具というか、
アンティークの雑貨なんかも扱っているお店。

ふと見ると、ショーウインドウに、はもにかのケースが。

マリンバンドです。

四天王寺さんなんかの古道具市で、
はもにかが「裸」の状態で出ていることがありますが、
それは、いわゆる中古、誰かが吹いたあとの「ガラクタ」だったりします。

で、旭区の古本屋さんで、

私「これ、新品ですか?」

店「そうです」

と、いうことで見せてもらったら、新品。
しかも、私がはもにかを始めた1995年、
それ以前に生産された、マリンバンドと見えました(キーはC)。

「即、買い」

でありました(1800円)。

で、このところ、そのお店で買ったマリンバンド(以下、旧製品)の「慣らし吹き」を兼ねて、
現行品のマリンバンドのキーCの2本を携行して、いろいろ吹き比べてみました。

下の写真、左が旧製品、右が現行品

13321876_1047018222047104_7069230912854268823_n.jpg



旧製品を鳴らす(リードを振動させる)息で、
現行品を口に当てて吹き吸いしてみると、旧製品よりも大きな音が出ます。

とりあえず、ハナから「出音が大きい」ように、
現行品は設計されているのかな・・・


13307323_1047018218713771_29936692378000630_n.jpg



しかし、「出音が大きい」というのは、どうなんでしょう。

というのも、最近、とくに大事にしているのは、

「めったやたらと、なんでもかんでも、でかい音で吹かないようにする」

ということだからです。

「大きな音」というのは、「小さい音」との比較で、
はじめて「大きい音」(逆に小さい音)と認識されるわけで。

どんな楽器でも、実際の演奏で、
アンプやPAのボリュームを上げれば、
「大きな音」は、なんぼでも出るわけですが、
そういうのに頼ってて、ええんかいな?

最初から最後まで「大きな音」「でかい音」で演奏してしまうと、

「やかましい」

だけで、

「色気」

が、ないやいですか。

「大きい音」が必ずしも「力強い音」とは限らず、
「小さい音」でも「説得力のある」「存在感のある音」ということがあります。

「大きな音」から「小さな音」まで、その自由自在な「幅」が欲しいのです。

「そよ風」から「嵐」まで、この楽器を通して、自分の息で操りたいのです。

むやみやたら「大きな音」というのは、
奏者の「ストレス解消」には役立つかも。

ただ、こっちは、一つの穴の吹き吸いに、大げさかも知れませんが、

「命をかけている」

のであります。

もちろん、現行品でも、「大―小」「強―弱」のコントロールはしていますが。


(と、久々に、はもにかの話題でした)




コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2603-26856f61
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク