スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

損か得か――「大阪都」構想 元大阪市民の覚書(6)

 2015-05-15
住民投票で「賛成」が多数の場合、
「特別区設置協定書」に基づいて大阪市が廃止され、
新たに設置される「特別区」について。

大阪市作成の公式資料である
「特別区設置協定書について(説明パンフレット)」では、
こう解説しています(6ページ)。

特別区とは


ちなみに手元の「広辞苑」(第6版)をひいてみると、

「東京都の区。特別地方公共団体の一つで、
 原則として、市に準じた取扱いを受ける。区議会を置く」

とあります。

「特別区」はいまのところ、東京都にしかない「区」です。
「特別区」は英語でいうと「City」です。

「阿倍野区」「東成区」など大阪市の24区も「区」ですが、
こちらは英語では「Ward(都市における行政区画)」です。

 ※同じ「区」という名前ですが、東京都の「世田谷区」と、
  大阪市の「阿倍野区」を比べても意味がありません。

この「東京都にしかない特別区」を、
大阪市を廃止してつくるかどうか、ということです。

「特別区」について「一般の市と同じように」(パンフレット)、
「原則として、市に準じた取扱いを受ける」(広辞苑)とありますが、
逆にいえばに、一般の市とは違うところがある、ということです。

何が違うのか。

私は最大のポイントはお金、税金とその流れだと思っています。

「特別区設置協定書」ではこう明記されています(6ページ)。

税源配分


いま大阪市民や事業主の方は、大阪市のほか、国、府に税金を納めています。
大阪市には主なもので、

○法人市町村税
○個人市民税
○固定資産税
○特別土地保有税 ※課税停止中
○市たばこ税
○軽自動車税
○都市計画税
○事業所税

を納めています。これらは法律に定められた市税です。

ところが大阪市廃止で「特別区」が設置されると、
住民などは上の各税のうち、

○法人市民税
○固定資産税
○特別土地保有税
○都市計画税
○事業所税

は、「特別区」ではなく大阪府に納めるというのが「協定書」の取り決めです。
大阪市なら市税だったものが府税になるという仕組みです。

市民などが大阪市に納めている税金の総額は6300億円(2012年度)
ですが、そのうち4600億円が府税になります。
中でも大きいのは固定資産税(2650億円)、法人市民税(1182億円)です。

かたや「特別区」に直接納める税金の総額は残りの1700億円です。
もともと大阪市税だった税金で「特別区」に残るのは4分の1です。

私は大阪市民だったときに固定資産税を大阪市に納め、
いまは茨木市民なので、固定資産税は茨木市に納めています。
茨木市に納めた市税は、茨木市と茨木市民のために使えます。
市民は選挙などを通じて使い道を判断することができます。
「一般の市」では当たり前のことです。

ところが大阪市民のみなさんは、「特別区民」になったとたん、
固定資産税などは「特別区」に納めないことになり、
自分たちが納めた税金のすべてを直接自分たちのために使えないのです。

これは「損」でしょうか、「得」でしょうか?


税収が4分の1では「特別区」はやっていけません。
そこで、「財政調整制度」というものを設けます。

「特別区民」が「大阪府税」として納めた税金は、
いったん新しくつくる別の財布(特別会計)に入れた上で、
大阪府の取り分と、「特別区」の取り分に分けます。

大阪府の取り分は大阪府の普通の財布(一般会計)に入れ、
「特別区」の取り分は、「特別区」間で収入の差が出ないように分けます。

「特別区」と「特別区民」は、いわば大阪府に「財布のひもを握られる」のです。
固定資産税といった基幹的な税金をめぐって、大阪府とこんな関係になるのは、
「一般の市」ではありえないことです。

で、大阪府の取り分と、「特別区」の取り分、その配分割合はどうなるのか。

これは現時点では不明です。

特別区設置の日(2019年4月1日)までに

「大阪府知事と大阪市長で調整することとする」

と書いてあるだけです。

「特別区」にお金、税金がいくら戻ってくるかも分らないのに、
「特別区設置」に「賛成」「反対」を選らばないといけないのが、
今回の住民投票です。

これは「損」でしょうか、「得」でしょうか?



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2563-3c120523
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。