スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「ラストチャンス」とは?――「大阪都」構想 元大阪市民の覚書(4)

 2015-05-14
今回の住民投票では、有効投票のうち、
「特別区」の設置に「賛成」が過半数となれば、
大阪市は廃止され、「特別区設置協定書」に基づいて、
2017年4月に「特別区」ができます。

この点に関連して、5月12日の参議院総務委員会で、
民主党の尾立源幸議員(大阪選挙区選出)が、
地方自治を所管する高市早苗総務大臣に質問しています。

◎尾立議員

…(大阪市を廃止して特別区を設置した後で)何か問題が
今後生じたときにですね、この特別区設置を元に戻した方がいいと、
こういう判断が地域住民から起こった場合にですね、
現行法ではどのようになるんでしょうか。高市大臣

○高市総務大臣

…いまの法律で特別区を廃止して新たに市町村を設置するという
手続きが設けられておりませんから、いったん特別区を設置した後に、
特別区が市町村に戻るということは現行法ではできません。

◎尾立議員

そうすると、いったん大阪市を廃止して、
特別区をつくってしまったら、後で失敗だったと、
もう一回政令市に戻りたいといっても、
いまの法律ではできないということでよろしいですね。

○高市大臣

そういうことになります。


誰が質問しても同じ答弁でしょう、
住民投票で「賛成」するということは、
「大阪市廃止」の「片道切符」を買うことを意味します。


では、住民投票で「反対」が多数になると、どうなるか。
簡単ですね。特別区「特別区」は設置されず、大阪市は存続します。

その場合、「特別区の設置」という問題はどうなるのでしょうか。
未来永劫できないのでしょうか。

この点について、さきの尾立議員の質問に対し、
総務省側が答弁しています。

○佐々木自治行政局長

…一連の手続きの中での住民投票は1回ということでございますけれども、
大都市地域特別区設置法自体は存在しておりますので、
これに基づきまして、手続きの最初から手続きをするということについては
特段の回数の制限というのは設けられていないところでございます。

◎尾立議員

住民のみなさんが今回の件で非常に頭をなやませていらっしゃって、
よく分からないという方がまだまだ多数いらっしゃいまして、
そういう意味では分からない方が判断する場合…
…もう1回できるということであれば、とりあえず留保する
ということで、まずは反対ということもありうる…
…さらに理解を深めるためにもう1回やるということは可能だ
という答弁をいただいたと思っております。


つまり、新たに「特別区設置協定書」をつくり、
議会に提案し直して承認を得ることなど一連の手続き、
なによりも住民が十分理解を深めた中で、
住民投票を行うことは法律的にできるということです。

橋下さんはきょうの新聞折り込みビラで、

「ラストチャンスです」

と訴えてはりますが、何のことでしょうか?

DSCN8716.jpg


大阪市の廃止は今回の住民投票1回きりで決まるので、
その意味では「ラストチャンス」「ワンチャンス」ですが、
「特別区の設置」は「ラスト」でも「ワン」でもありません。

この件について、こないだの日曜日(5月10日)、
私ども夫婦でこんな会話をしました。
ちょうど橋下さんの、長いめのテレビCMが流れた日です。

奥:ふと思うんですけど、橋下さんて、
  本当に「大阪都」構想を実現したいと思ってはるんでしょうか?

私:はあ?なんで?

奥:いえね。きょうもテレビCMで、

  「ここまで山あり、谷あり、地獄あり」
  「住民投票ですべてが決まります」
  「ワンチャンスです」

  とか言うてはりましたけど、
  こんどの住民投票で「反対」が多数になっても、
  また改善して作りなおして、提案し直して、
  「賛成」が得られるまで頑張ったらどうなんでしょ。
  自分の人生を賭けて。

私:それでこそ「男」、でしょうなあ。

  そもそも、住民投票で大阪市民が判断せんとあかん、
  「特別区の設置」というのは、いまのところ、
  ただの「紙切れ」ですやん。

奥:紙切れ、ですか?

私:「特別区設置協定書」という、文字通り「書類」「文書」でんがな。
  だいたい、橋下さんのもともとの考え、公約でいえば、
  ことし4月から「大阪都」になってるはずやったんです。
  それを2年後の4月に先送りしたわけです。
  提案者自身が、そのくらいの融通は平気でしてはるんですから。

奥:あと、街場では、

  「大阪都構想、よう分からん」

  という意見をよく聞きますよ。

私:そらそうですやろ。
  橋下さん自身、これまでも、
  「大学生が4年間勉強しないとわからない」
  と言うはりましたし。
  「協定書」が議会で承認されてから「60日以内」に、
  住民投票せえというのが法律になってますけど、
  まあ、無茶な話ですわ。

奥:「よう分からん」という人は、どうしたらいいんでしょうかね?

私:選択肢がない、判断できないということで棄権してしまうと、
  「賛成」か「反対」か、どちらが多いか、
  ということだけで、物事が決まることになります。
  それでは「よう分からん」「もっと考えたい」
  という人らは「置いてけぼり」になりますわな。

  いまのところ「特別区設置」、まあ便宜的にいえば「大阪都」構想は、
  しょせん紙切れですわ。
  「反対」多数で否決されても、また提案し直すこともできますが、
  「賛成」多数なら特別区設置=大阪市は廃止、です。

奥;どちらが、リスクが高いか、ということですね。

私:「協定書」の中身もちゃんと説明せんと、
  「ラストチャンスです」とあおるのは、
  押し売りが家に来た挙句、「買うのか、買わんのか」と凄んで、
  「買わんと、お前、終わりやぞ」というてるようなもんですわ。

  私が思うに、
  「よう分からん」「もっと考えたい」という場合は、
  「反対意見」を支持するかどうかは別として、今回は
  「反対」に1票入れるのが賢い選択ちゃうかなあと思いますわ。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2561-90f6390c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。