スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

奈河彰輔さん、ありがとうございました。

 2014-10-21
17日の各紙朝刊で歌舞伎脚本・演出家の奈河彰輔さんの訃報に接しました。

13日に死去。83歳。本名は中川芳三さん。
1931年大阪市生まれ。阪大経済学部を卒業して1957年に松竹に入社、
関西で歌舞伎を中心とした演劇制作など「芝居一筋」だった方。
三代目猿之助(現二代目猿翁)と組んで、古典歌舞伎脚本を掘り起こして、
現代に再生する「復活狂言」を手掛けるときの名前が「奈河彰輔」でした。

1993年、すぐれた新作歌舞伎・舞踊脚本に贈られる「大谷竹次郎賞」を受賞。
「慙紅葉汗顔見勢」(原作・四世鶴屋南北)と「倭仮名在原系図」が受賞作。
同年1月の道頓堀、仕事で直接お話をうかがう機会がありました。
道頓堀には中座が健在で、初芝居は忠臣蔵の通し(鴈治郎七役)。

当時、「歌舞伎ブーム」と言われはじめ、中座でも、
五代目中村勘九郎はじめ若手役者の芝居に若い女性ファンが詰めかけていました。

中川さんは

「ブームだといわれているのは、勘九郎や橋之助といった役者の人気上昇が
 大きな原因で、むしろ“役者ブーム”ではないでしょうか。
 それはそれで大事なことですが、歌舞伎自体がブームだとは、まだいえない」


松竹入社後、プロデューサーとして、うちつづく興行不審にあえぐ、
関西の歌舞伎を目の当たりにしてきた中川さんは、

「“山あり、谷あり”どころか、それこそ谷ばっかり。
 映画、続いてテレビが普及してくる。
 団体客も歌舞伎を見るくらいなら、流行歌手の芝居がおもしろい、となってくる。
 興行が成り立たず、役者が次つぎ東京へ移る。
 いろんな努力や一時的な成功はありましたが、
 歌舞伎は鼻もひっかけてもらえない、
 中座で一度も歌舞伎がないという時代もありました」


 たとえば舞台に馬が出ただけで失笑が出る。
 というのも、歌舞伎では2人の人間が張り子を被っているわけで、
 本物の馬と比べると変な歩き方になるのは当然。


「そういう感覚的なギャップを乗り越えて、ともかくも
 歌舞伎に関心がむいてきたというのはありがたいこと。
 チャンスであることは確かです。しかし、いまなんとかしなれば、
 歌舞伎はほんとうにダメになるのではないか。いわば“逆危機”です」


私が初めて生で歌舞伎で掛け声をかけたのは京都府立高校3年のとき。
国語の授業の一環で南座での「澤瀉屋」奮闘公演を貸し切りするのが毎年恒例。
私たちが見物したのは「當世流小栗判官」。
猿之助が宙乗りの馬にまたがるのが見せ場の一つで、
この芝居も、中川さんによる復活狂言。

「生まれて初めて掛け声を掛けるときは、心臓が口から飛び出しそうでした」

そんなことをご本人に話すと、喜んでくださいました。

それからあっという間に20年余が経ちました。

ことしの初夏、大阪市内の古書店で求めた、奈河彰輔『芝居ばなし』

DSCN9478.jpg


私家版で、だいぶ前に図書館で借りて読んだことがありましたが、
手元に置いておきたくて、買ったのでした。
訃報に接して、改めて読み返しました。

氏が新聞や雑誌などに寄せた文章を編んだもの。
古典歌舞伎復活の苦労と喜び、往年の上方歌舞伎の役者の横顔、
老練な脇役の聞き書きなどなど、関西の芝居好きにとってはうれしい本。
私が楽しませていただいた、あの芝居、この舞台も、
中川さんの企画や補綴だったのかと、気付かされます。

21年前にお目にかかったとき、中川さんはこうもおっしゃいました。


「上方歌舞伎なんてもうないやないか、という人もあるでしょう。
 その通りです。しかし滅んだのなら、つくればいい。
 決して甘くはないけれども、新しい大阪の歌舞伎をつくりたい」



中川さんの夢に通じるような「大阪のまち」にするために、
私も細く長く、勤め人歌舞伎ファンでありたいと思います。

ありがとうございました。安らかにお眠りください。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2544-4ed06a00
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。