スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

常磐津一巴太夫さん

 2014-08-17
けさ五時半ごろ起き、朝刊(朝日)を読んで、いっぺんに目が覚めました。

「常磐津一巴太夫死去 浄瑠璃の常磐津節 人間国宝」

83歳。

高齢とはいえ、つい先日も、雑誌『上方芸能』の最新号で、
後進に贈る言葉といった企画に登場されているのを、
読んだばかりでした。


一巴太夫さんの著書『歌舞伎一期一会』(NTT出版 2009年)

一巴太夫素語り


同書に、「人生の分岐点はいつも『廓文章』」という節があります。
松嶋屋型、成駒屋型の「廓文章」は常磐津と切っても切れません。
私も繰り返し、その実演を体験することができました。

吉田屋の奥座敷。

知らせの柝で、正面下手の障子が引かれると、常磐津のかかり。

「一巴太夫!」


私も声を掛けました。


「無残やな夕霧は」

の語り出しは、いまも耳に鮮やかに残っています。私の財産です。

一巴太夫さん、ありがとうございました。

謹んでご冥福をお祈りします。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2530-6289055b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。