スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

3冊目の『きもの自在』

 2014-06-10
こないだの日曜日、仕事で西成区に行った折に、
天下茶屋にある「天牛堺書店」に立ち寄ると、ちょうど「330円均一(税別)」の日。

天牛堺さんではそのつど、「○○円均一」で売り出してはりますが、
「330円均一」あたりが、一番掘り出しものが多いように思うのは、気のせいか。

で、求めたのが、故・鶴見和子さんの『きもの自在』(晶文社)

DSCN7324.jpg


同書を買うのは、3冊目です。

1冊目は書店で定価で求める。

気前のよい、うちの奥様が誰かさんに(忘れた)貸してしまったのを事後に知り、

奥「貸しましたけど」
私「え・・・」

私は、揃えたきもの本は、自分がきものについて考えてきたことを、
ふと立ち止まって、すぐに参照して考えを固めるために手元においているのでありまして、

私「貸すときは、『あげた』と思わないとあきまへんで」

で、1冊目の『きもの自在』は手放し、
某古書店で求めたものを、わが家に追加しました。

今回で新たに求めて、在庫。

もし、「読んでみたい」という方には、差し上げます。


現代において、「きもの」という言葉で語られていることは、
多くの場合、「女子のきもの」についてです。

「女子」が「きもの」について語っている場合、
「男のきもの」は女子が自ら着ることはないだけに、
語りようのない世界であるのは致し方ないところ。

しかし、「女子のきもの」は「きものの世界」のすべてではありません。
当節、ここがあまりにも抜け落ちている。

(きもの女子に比べ、きもの男子がはるかに少ない、
 というのは理由にならない)

鶴見さんの『きもの自在』も、ごご自身の「きもの暮らし」に即したものですが、
狭い意味での「女子のきもの話」にとどまっていないのは、
鶴見さんが、「きもの」「きものを着ること」の根っこを展開されているから。

普遍性の境地、です。

それゆえ、私にとっても、座右の書です。

なんだかんだといって「商品情報」的な「きもの本」があふれていますが、
鶴見さんに続く、「きもの本」がもっと出ないかしらん。

コメント
花郁さん

残念。この記事をアップした翌朝に貰い手がつきまして…

またこういう機会があるかもしれません。

【2014/06/16 22:13】 | こにし #- | [edit]
こんばんは。

「是非、是非、読んでみたい。」です。

まだ、間に合うでしょうか。

【2014/06/14 22:20】 | 花郁 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2515-19cf7aad
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。