湯郷・相生~播州・作州旅(3) 

 2014-02-13
いけませんねえ、旅に出てから早や1週間。
なかなか旅日記も果たせません。

私どもの「きもの旅」は、目的地だけ決めて、
あとは交通手段の時間だけ大まかに見当をつけて、
現場では「出たとこ勝負」でいくことにしています。

アバウト、です。

日常がわりとタイトなので、それでバランスをとります。

今回も、予算の範囲内で、なるたけ交通費は抑えるのが、まず方針。
新幹線や特急は使いません(道中を楽しむ意味もあり)。

で、温泉にもつかり、適宜おいしいものもいただく、
その条件に叶うところということで、
この冬は作州の湯郷ということをまず決めまして、

道中、明石で浮世絵展が2月9日まで開会中なので見物しようとか、
「魚の棚」も近いから寄ってみよう、てな展開です。

さて、湯郷では平日料金なので、露天風呂付の部屋を予約。
ポンプで汲み上げの源泉は38度くらいなので、
別途熱湯を足して好みの湯温にしつらえます。

「必殺風呂仕立人」の私


部屋の露天風呂



この宿はキングサイズの浴衣も用意してくれはりました。
しかも、ロビーのトイレの表示はこのとおり。


トイレ表示




一泊して翌朝、JR姫新線「林野駅」で単行列車を待つの図


朝の林野駅




姫路まで出て山陽線で「相生」へ。
今回の旅の目的の一つ、牡蠣を食べるため。


相生で降りて、海のほうに向かって歩き、
途中、商店街で地元の方に道を尋ねる。
NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」風。


道を尋ねる




なにしろ時刻は午後1時すぎ。
ランチタイムは2時までとすれば、ギリギリですね。

一番早く見つけたお店「はりま」さんの暖簾をくぐる。


食堂はりま




迷わず牡蠣のコース。


牡蠣コース1

牡蠣コース2

牡蠣コース3



「お品書き」にコースは1人前3000円とありまして、
あとアサヒの瓶ビール2本飲みましたが、お勘定のときに、

「6100円です」


って、どういう計算かな?

深く考えずに、さらに海に向かって歩く。


橋を渡る




「海の駅」で品定めの図


品定め1


品定め2



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2493-e859b5d9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク