マンボウを食べる

 2013-11-27
JR大阪環状線「玉造」駅近くの料理屋さんの店先で、
魚の解体・即売をやっていました(11月26日)。

マンボウ、です。


マンボウ1




マグロの解体・即売はときどきありますが。


マンボウ2




マンボウは水族館で見たくらいで…


試食の肝


マンボウ3




身と肝をセットにしたのを1パック求めて帰り、
魚の名前は伏せて夕食に出す。


肝は自家製ポン酢に葱をちらす。


マンボウ4




コメント
>右京さん

おお、串焼きとは。
けっこう食べてる方、いてはるんもんですね。

お店でも「三重県でも獲れるようです」というてはりました。

この解体・即売の前日には、
まるごと、店頭に展示してありまして、
いささか、

「ギョッ」

としました。

海遊館とかにいるのと比べて、これはまだ小さい目ですね。


さばいてはるのを見学していたら、
皮と身が同じくらいの厚みでした。

串焼きだと、濃い目のたれで焼いて、
七味なんか降ると、いけるかなと思いました。




【2013/11/27 22:33】 | こにし #- | [edit]
>花郁さん

身は、写真を撮るのを忘れてしまいました。

試食のときに、薄めのだししょうゆにくぐらせたものを食べたので、
そのとおりにしてみました。

お店の方は「生でもいけますよ」というてはりましたが。

火を通すといささか身が締まり、
「かまぼこ」と「はんぺん」の間くらいの食感でした。

たしかに、ひごろ食べなれている魚の食感とは違って、

「妙な位置」

ですね。

肝は大変美味(試食のとき「お酒ほしいでんな」と言ってしまいました)

【2013/11/27 22:28】 | こにし #- | [edit]
まんぼー。。。

こないデッカイもんやったんですね、見れたいうんは羨ましいです。

先々週、団体で尾鷲行ってきまして道の駅の屋台でマンボウ串焼き
食べてみました、大阪では牛串焼きみたいな感覚で1串¥350-ですが、
これがはじめは鶏肉みたいなんやけど噛んでるうちに魚になるんですわ、
歯医者で歯ァ抜かれたとこなんで味わいいまひとつでしたが。。。
(歯ァ抜かれたらハモニカも吹きにくいでんな。)

日帰りで尾鷲となると400kmを超えます、翌日の仕事中は
理由もなく機嫌が悪い・・・・。。 ってな年齢になっちまいました。
【2013/11/27 18:20】 | 右京 #- | [edit]
身のほうはどう食されましたか?
以前、近くで獲れたというマンボウがスーパーで販売されていました。
身を購入して、お醤油につけて焼いてみたのですが
なんとも不思議な塩梅でした。

焼いても生のようなはっきりしない感じで
腰のないイカというか、
カスベのほほ肉のから揚げを思い出して
のこりはから揚げにしたのですが
上手に出来ませんでした。

それ以来、心の中で妙な位置にありつつ忘れていました。
【2013/11/27 11:45】 | 花郁 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2464-916baad8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク