スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

昭和五年南座顔見世番付(壱)

 2013-10-12
先日、国立文楽劇場向かいの古書店で、
300円で求めた昭和五年の京都南座顔見世の番付。

「こんなもん、どこが面白いねん?」

という向きもあるかも知れませんが(笑


表紙をめくると、「乍憚口上」


乍憚口上



つらつら読んでみると、

北山風もいとゞ身に沁みる景情まことにふさはしき顔見世月と相成申し候処、
當座に於いては此処に年々の吉例にならひ顔見世興行と仕り、
東西大歌舞伎合同にて大々的準備を尽くし時代の趨向にも又一層の注意を拂い、
開演の運びと相成申し候次第、

その顔触れは中村鴈治郎を始め中村福助、林長三郎、嵐吉三郎……坂東壽三郎其他数十名
並びに東都より市川中車、松本幸四郎……守田勘弥、尾上梅幸其他数十名出演仕り、
狂言の儀も既に歌舞伎界の至宝明宝として謳わるる逸品を

  ・・・(後略)



鴈治郎は言うまでもなく初代、
福助は後の三代目梅玉、林長三郎は鴈治郎の長男で後の又一郎。
東京からの市川中車=七代目、幸四郎=七代目、勘弥=十三代目、梅幸=六代目。

鴈治郎と中車はともに1860年(安政7年=万延元年)生まれ。
鴈治郎はこの顔見世の5年後、中車は6年後に没しますが、
江戸時代生まれの役者がいたのがこの時代。

「ついこのあいだ」


です。



演目


狂言





昼の部開演時間が午前十時。いまの感覚からするとだいぶ早い。
しかも芝居が延びるのを勘定に入れて初日と二日目は午前九時開演。


昼夜どちらを選ぶかと聞かれれば、夜の部にします。


夜の部第四「玩辞楼十二曲の内 時雨の炬燵」


炬燵1



炬燵2




治兵衛=鴈治郎、孫右衛門=中車、五左衛門=幸四郎、
おさん=梅幸、小春=福助、丁稚三五郎=扇雀(後の二代目鴈治郎)。

大顔合わせですね。



どんな舞台だったか、想像してみるのであります。



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2444-2e20e2f2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。