スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

木谷悦子『絶対! うまくなる ハーモニカ 100のコツ』

 2013-09-30
たまには(?)はもにかの話題も書かなければ・・・

先日、久しぶりに書店の音楽コーナーに行ったときに求めた本。

大阪が誇るクロマチック奏者・木谷悦子さんの、

『絶対! うまくなる ハーモニカ 100のコツ』

 (ヤマハミュージックメディア 2013年6月10日初版)


木谷さん本



アマゾンは→コチラ



私が「ハーモニカ」という場合は「単音10穴ハーモニカ」ですが、
クロマチック奏者の方は、当然ながら「ハーモニカ=クロマチック」。


私もクロマチックは1本持っていますが、ちゃんと吹けません(笑


クロマチック





たまにマイナーブルースのときに使うことはありますが、
10穴とクロマチックは、ある種、

別の楽器、あるいは親戚筋みたいなもの、

というのが実感です(両方自由自在に操るプレイヤーもいてはります)。


木谷さんの本はクロマチックを吹いていこうという人のためのもので、
練習方法、いい音を出すコツ、演奏の心構え、楽器のメンテナンスなど、
100の「問い」と「答え」からなっています。

いわゆる「教則本」とは違ったアプローチで、
楽器を手にした人が練習を続け、演奏を経験していく中で、
誰しも突き当たるような疑問や悩みについて、
ご自身の教室での指導体験を踏まえて、木谷さんが答えています。

クロマチックをまともに吹けない私ですが、
木谷さんの人柄とはもにかへの愛情があふれるような語り口で、
10穴をやっていく上でも、とても参考になる内容です。
一読して、「なるほどそうだったのか」「これでよかったんだ」
と納得しています。


木谷さんの演奏はこれまでなんどか体験しました。

2009年の9月には地元の骨董・福嶋屋さんが会場の「着物倶楽部」の催しで、
木谷さん自身、きもの姿で演奏されました。
終了後、木谷さん(右から2人目)


木谷さんと




本の中で繰り返し「臍下丹田」が出てきますが、
きものを着て帯を締めると臍下丹田を意識しやすいですよ。


木谷悦子さんのホームページ
http://www.woodvalley.net/



ごく最近、書店の店頭で『まるごとハーモニカの本』という新刊も見かけました。
こちらもクロマチックの本です。


10穴では昨年、『ブルース・ハーモニカよくばりガイド』
(妹尾みえ・KOTEZ著、CD付 P-Vine Books)
が出ました。

そのうち「まるごと10穴ハーモニカの本」みたいなものも、
どなたか出してくれないでしょうか。

コメント
おかもとさん

う~ん、私が著者では、売れないでしょうねえ(笑

プロ・アマ、「寄ってたかって」つくる、
というのも面白いかも。
【2013/10/03 07:34】 | こにし #- | [edit]
まるごと10穴ハーモニカは、是非、小西さんの出版でと思います。

どうでしょうか。
【2013/10/02 11:31】 | おかもと #mQop/nM. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2438-fdd183a4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。