新・歌舞伎座と歌舞伎の未来

 2013-04-02
東京・銀座で新装開場なった歌舞伎座が、きょう(2日)、
杮落とし興行の初日を迎えました。

朝からテレビ・新聞でそのニュースや特集が盛りだくさん。


私が前の歌舞伎座に初めて出かけたのは学生時代。
1988年2月のことですから、もう四半世紀前。
歌舞伎座開場100周年記念で「菅原伝授手習鑑」の通しが出、
十三代目片岡仁左衛門の菅相丞を見に行ったのでした。

貧乏学生ゆえ、「青春18きっぷ」を使い、
雪の関ケ原を超えて、夜行で東京へ(私も若かった)。

「これが歌舞伎座か!」と勇んで木戸をくぐり、
客席(もちろん3階席)にたどり着いて座ってみてびっくり。


「花道が見えへんやないか!!」




「カネ返せ!」とは思いませんでしたが、

「こんな設計、誰がしたんや!」


と感じたのをいまでも覚えています。


のちに、大阪の大向うの大先輩に、

「東京の歌舞伎座、花道の芝居が見えませんね」


と話したら、


「そうかなあ~、昔は見えたと思うんやけど」


って、んなアホな。



この間のニュース番組を見ていたら、
新しい歌舞伎座では3階席からでも花道が見えるように改善されたとのこと。


「そら、当然でっせ」




東京のこととはいえ、まずは初日、おめでとうございます。


(つづく)



コメント
>溝口さん。

私自身のことですが、ここ10年あまり、
大歌舞伎そのものに出掛けられていないので、
哀しいというというか、悔しいというか…

そのあたり、「つづき」で書きたいと思っています。


【2013/04/03 22:15】 | こにし #- | [edit]
歌舞伎座の工事中、関西でも大看板がたくさん見れてうれしかったですね。


まあ、めでたいけどうれしさ半分て感じです。


【2013/04/03 11:28】 | 溝口 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2345-26f0d2d9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク