鏑木清方/時代美人風俗雙六

 2013-03-17
昨日、実家に行ったときに父親がくれた品。
以前鎌倉を旅した折に、鏑木清方記念美術館で求めたそうです。


表紙




明治から昭和初期まで発行されていた文芸誌『文藝倶楽部』付録の双六。


双六




「ふりだし」の木之花開耶姫(このはなさくやひめ)から始まって、
「あがり」の玉藻の前まで、歌舞伎や浄瑠璃などのヒロイン計15人が登場。
ちなみに私が一番好きなのは、八百屋お七。


別紙の駒(押絵羽子板)、サイコロを組み立てて遊ぶようになっています。


駒




駒は12あるので、最大12人で遊べます。
組み立ててしまうと勿体無い感じがしまして、いつ遊べばよいものか…



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2327-8a0ee70f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク