二見浦今昔/ちょっと伊勢旅(4)

 2013-02-25
伊勢旅日記の最終回です。


私は京都の生まれ育ちですが、小学校の修学旅行といえば「お伊勢さん」。
(1歳半下の妹や弟の代になると平和学習を兼ねて広島)
うちの奥様も小学校の修学旅行は「お伊勢さん」でした。


1泊2日の修学旅行で、宿泊先は二見浦の旅館。
今回の旅で35年ぶりに旅館街を歩いたことになります。

当時泊まったところは、どこか?
たしか屋号は「いろは館」で、二見浦側だったような記憶が。

ありました。


いろは館




残念ながら、現在は営業はされていない様子。

裏手の海側に出てみる。


二見浦




奥様も修学旅行当時は二見浦泊。

たぶん、ここだろう!と見当をつけたのが「浜千代館」


浜千代館




酒素饅頭のお店で聞いた「そのころ(40年前)が全盛でしたね」
という言葉が迫ってきます。



夫婦岩方面に向けて少し歩くと、「賓日館」


寶日館




賓日館
http://hinjitsukan.com/




修学旅行で来たときは、こうした建物があることは分かりませんでした。
(聞いたかも知れませんが、覚えていない)


内部でも、多数の雛人形の展示中。これは江戸時代のものだそうで。


江戸時代のおひなさん




百二十畳敷という大広間では、十二単の着付け体験も(有料・要予約)


十二単着付け



能舞台風の舞台がありました。


舞台




私ども夫婦に、イベント関係者の方が声を掛けてきてくださいました。
3月10日にはこの広間で、伊勢音頭と、古市の地歌舞伎のコラボ企画があるそうです。



寒風吹き付ける中、夫婦岩へ。
子どものころ見たときは、もっと大きく見えたような気がします。


夫婦岩




「観光ビッグバン」と呼ばれ、巷間、官民挙げて、
アジアや世界からの観光客を呼び込む流れが多いようです。
(大阪ではカジノをこしらえるという人たちも)

諸外国からのお客さんは有難いと思いますが、
まずは何はさておき、この国に暮らす我々の暮らしがもっと「まし」になって、
あちこち旅に出られるようにならないと、この国は立ちゆかんでしょう。




(おわり)


コメント
>知天命さん

コメントありがとうございます。

浜千代館、ロビーにも入りましたが、
館内とて、写真は撮りませんでした。

案内のしおりもいただいて帰りました。
若女将みずからジャスを歌われるのですね。

いつか、ハモニカでライブ参戦したいものです!


【2013/02/28 21:52】 | こにし #- | [edit]
「浜千代館」
ロビーに入られなかったのですね・・・残念
凄い年代物で 大きな 振り子時計が 出迎えて くれますのに ・・・
あと、(PA)スピーカーも ありますょ
http://www.hamachiyokan.com/blog/log/eid92.html 
若女将は ジャズを歌われる方で、毎月 2nd 土曜夜に ロビーで ライブを されてますょ
【2013/02/28 21:03】 | 知天命 #- | [edit]
>花郁さん

ここでも、「お伊勢さん」つながり!

私も記憶は細切れになっていますが、
往路、京都から近鉄特急の車内で、「おしぼり」が出たこと、
食事で一人一個ずつ焼きサザエが出たこと、お土産に赤福と生姜糖、
宿で夜通し喋ったり悪さをして起きていたことだけは覚えています。

伊勢は、食べ物おいしく、圏内に温泉もあり、
また旅したいところです。

機会があれば、ぜひ「ちょと伊勢旅」お勧めです。

【2013/02/26 22:44】 | こにし #- | [edit]
>ジュンハズバンドさん

おお、「お伊勢さん」つながり、ですね!

木刀はあこがれでしたが、
私はお伊勢さんで求めることは叶わず。
結句、奈良で求めました(笑

幼いころの宝物、ですね。

【2013/02/26 22:39】 | こにし #- | [edit]
懐かしい!
私の修学旅行も伊勢でした。
34~5年前です。

泊まった旅館のことはまったく覚えていませんが
海側の風景は覚えています。
桜貝を拾ったのでした。

もう一度、訪ねてみたくなりました。
【2013/02/26 10:57】 | 花郁 #- | [edit]
私も小学校の修学旅行は伊勢でした。
宿はたぶん二見ケ浦。
お土産でお気に入りだったものが、
木製のご神刀。40歳くらいまで持っていました。
甥っ子に貸したら壊されて、そのまま返ってこず。
あの刀への想いが、剣術・居合を始めさせたのかも
知れませんね。
いい旅でしたね!
【2013/02/26 00:53】 | ジュンハズバンド #U7DglhgE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2301-a7a6283a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク