十八代目中村勘三郎逝く

 2012-12-05
歌舞伎役者の十八代目中村勘三郎さんが亡くなりました。

今朝のニュースで知って、いっぺんで目が覚めました。


私は十八代目襲名後の舞台はあまり観ることができませんでしたが、
勘九郎時代に、ずっと楽しませていただきました。

今はない、道頓堀・中座での夏芝居の数々。

京都・南座の二月大歌舞伎、座頭の当代仁左衛門が闘病のため救援。
一座した勘九郎さんは代役も含めて昼夜出ずっぱりの大奮闘。
松嶋屋親子の「連獅子」でも親獅子を買って出て、
私も観た千穐楽では、最後の「菖蒲たたき」は100回以上。
客席では涙を流している見物もありました。


あと、映画『戦争と人間』(作・五味川純平、監督・山本薩夫 1970~73)。

全三部九時間超の大作。私は子どものときにテレビで見ました。
財閥の御曹司・伍代俊介役の演技は今でも覚えています。


きっと、もっともっと芝居をしたかっただろうと思います。


勘三郎さん、ありがとうございました。

ご冥福をお祈りします。


角切り銀杏


コメント
貴方と10歳しか違わないですね!生死無常ですな。
【2012/12/06 22:18】 | 小西 誠二 #- | [edit]
>番頭さん

まことに、これから、まさに「まことの花」への道でしたのに。

【2012/12/05 20:55】 | こにし #- | [edit]
あまりにも早すぎるご逝去、残念でなりません。

昨年9月新歌舞伎座での公演が見納めになりました。

ご本人が一番悔しいでしょうね、ご冥福をお祈りいたします。
【2012/12/05 12:26】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2253-836c31b2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク