「紅型」展(2)

 2012-10-18
大阪市立美術館の「紅型」展に行って、
いまさらながら、美術館という空間の「薄暗さ」を感じずにはいられませんでした。

先の(1)で、「無縁のもの」とは書きましたが、
そうであっても、美しいものは美しい。
ただ、その美しさは美術館の「薄暗さ」の中では本当は分からないのではないか。



私は2年前の4月、仕事ではありましたが、
はじめて沖縄に出掛けました。


そのときの沖縄の光や風、空気の中に身を置いて、

「ああ、この土地だからこそ、紅型が生まれたんやなあ」


と感じながら仕事をしたものです。



うるま市の海岸(2010年4月25日、以下同)


沖縄1




読谷村にて


沖縄2




同じく読谷村


沖縄3




「紅型」展の展示品の多くは18世紀~19世紀のもの。
それからの月日に何があったのか、いま何が起きているか。
「復帰40周年記念」と銘打った展覧会。
紅型そのものは何も語りませんが、考えないわけにはいきません。



コメント
>小西誠二さん

きょうは出先で、「何歳ですか」と聞かれて答えると、

「若い」

と言われてしまいました。


精進します。

【2012/10/21 22:16】 | こにし #- | [edit]
お祝いの言葉を頂き有難うございます。この年になって、やっと人生の重みを感じるようになってきました。
【2012/10/21 01:12】 | 小西 誠二 #- | [edit]
>小西誠二さん

お誕生日おめでとうございます。

次に沖縄に行く機会があれば、
ぜひ工房など見学したいと思っています。
宮古島にも行ってみたいです。

何も買えないと思いますが。

【2012/10/20 07:54】 | こにし #- | [edit]
2004年12月に沖縄を旅行し、伝統工芸の工房などを見学した事を思い出しました。
【2012/10/20 01:42】 | 小西 誠二 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2217-738ba892
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク