プチ京都散歩

 2012-09-30
きのうは昼から、仕事上の専門分野の講演で、
京都・立命館大学の衣笠キャンパスまで行ってきました。

きもので行くつもりでしたが、
台風接近にともない、「急に強風」「夕方から雨」などの予報を見て、
洋装にしました(こういうのを「日和見」という)。

講演1時間半、意見交換1時間半を終えて、
立命から歩いて西陣の実家へ。
その間、久しぶりに京都散歩。

西大路通りを渡り、平野神社を抜けます。


平野神社



「観月祭」の準備がされていましたが、
台風で残念ながら名月は見ることができないでしょうね。


平野神社
http://www.asahi-net.or.jp/~cr8y-httr/hirano/



北野天満宮の西側を流れる紙屋川


紙屋川




北野天満宮の北門


北野天満宮北門




境内。閉門時間(午後6時)が迫っているので、人影もほとんどなし。


北野天満宮境内




手水舎の井戸が枯れているとの表示


手水舎




東門。菅公御歌。


菅公御歌




実はこのルートは、中学校時代の私の通学路。以下同じ。


上七軒を抜ける。


上七軒1



北野天満宮の「瑞饋祭(ずいきまつり」(10月1日~5日)が迫っています。
http://kitanotenmangu.or.jp/


上七軒2



今出川通へ出て東へ。
昔からある喫茶「静香」(ここの子は小中学校で同級)


静香



千本今出川交差点


千本今出川



南北が千本通り。片側二車線の道ですが、
かつてはここに京都市電が走っていました
(私が物心つくころに廃止、かすかに記憶)。



実家に着き、ほどなく奥様も合流。
みなで会食のあと、奥様持参の大阪・北浜「五感」の菓子(秋の新作)。
http://www.patisserie-gokan.co.jp/


五感菓子




母親が浴衣地からこしらえたという暖簾


扇に雀




「扇に雀」。

当代の中村扇雀丈の襲名披露興行(道頓堀・中座)の折、
私は木戸御免の大向う。「芝居関係者」ということで、
成駒屋からいただいた配り物の浴衣地。
それを実家に預けておいたのでした。


結局、大した雨にはあわず帰阪したので、
きものでもよかったな(笑)。


コメント
>momokoさん

立命館はいまでもキャンパス内に「自由な空気」が残っているように感じます。
私が学んだ大学は血なまぐさい感じで(80年代後半)、
当時立命に遊びにいったときに、「こんなに違うのか」と思ったほどです。

立命から実家への道は、
昔とあんまり変わっていないので、たまに歩くと、ホッとします。



【2012/09/30 21:15】 | こにし #- | [edit]
大学での講演、すごいですね。私も聴いてみたいです。立命館大学衣笠キャンパスに私も、25日に行ったばかりです。何しに行ったかというと、今、大阪革新懇で製作中のパンフレット「維新八策を読み解く」のゲラを森裕之教授に届けに行きました。ご本人とは一足違いでお会いできませんでしたが。相当古い校舎ですね。
【2012/09/30 09:39】 | momoko #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2198-5ff17e61
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク