首提灯

 2012-08-17
仕事の行き帰りの電車で、
ちくま文庫「桂枝雀爆笑コレクション2」を読む。

車内で、

「うふふ」


と思わず笑ってしまう、変なおじさんとなる。


枝雀本



所収の「首提灯」


前半だけだと「上燗屋」。
道具屋の場面まで演じると「首提灯」。


仕込み杖で首を切ってしまうわけですが、そこは落語。



バカバカしさが、かえって理不尽を跳ね返すパワーの源に。


首を切る=馘首。



理不尽をする者ども、魂を売り、
屁理屈を「これでもか」とこね、自他を欺く。


恥を知れ。



落語の速記本を読んでいるのを呑気という莫れ。
理不尽と相対する者にこそ、底知れぬ豊かさあり。


コメント
>kinaoto=岡田

命取られても魂はやらん、でんな。


【2012/08/20 07:20】 | こにし #- | [edit]
無粋な書き込み、失礼致しました。

無粋ついでに報告ですが「新しい人生の選択」は
暫く続きそうです。

しかしながら、小西っさん。応援、有難う御座います。
【2012/08/19 19:17】 | kinaoto=岡田 #- | [edit]
>kinaoto=岡田さん

(ご返事遅れ、スビバセン)

ブログにはいちいち書かないのですが、
私は年がら年中、怒っています。
(同じくらい笑いもしていますけれど)

この国で、生身の人間をいとも簡単に雇い止めにしたり、
辱めたり、貶めたりするのが、
まるで当たり前であるかのようになったのは、
この10年くらいでしょうか。

国を成り立たせているのは一人一人の働く人たちなわけで、
それなのに、その暮らしを切り縮めて、どないするつもりでしょう。

正規雇用が非正規の人をいじめたり、
あるいは非正規の人が正規の人を恨んだり、
「こんなになったのは自分のせい」みたいに思わされたり。

はたまた、民間は大変なのに、公務員は身分保障がある。
だから公務員はけしからん、民間並みに…云々と、煽る風潮も。

しかし、ちょっと考えたら分かることですが、
公務員をいじめても、民間の給料が増えたり、
庶民の暮らしが良くなるわけではなし、
「バッシングの正体」は、つまるところ、

「貧乏人はみんなそろって地獄に落ちろ」

というメッセージでしかないわけで、
そのあたりのことを、国民的規模で、
気付かなあかん時代だと思っています。

とまあ、こんなブログで書いていてもしゃあないのですが、
まずは自分の足元から。

新しい人生の選択を、応援いたしております。


【2012/08/19 17:36】 | こにし #- | [edit]
わははは。
近頃小西っさん、お怒りですなあ。

実はわたくし、5月いっぱいで職場を解雇となり、
現在絶賛求職中の身。
それまでに色々と理不尽な経緯がありましたが、
わたくしを追い出しを画策した相手は御年70に
なろうかという、大阪府のOB。

「固定費の削減」を理由に、我が身に降り掛かる火の粉を
『保身』のためにこちらへ向けた次第ですね。


現在は京都を中心に「伝統産業」への転職を狙っております。
微力ながらでも各地の地場産業を盛り上げる役割を
担いたいものです。
丁度1と月前に面接を受けたところから、今月の初めに
「結果出るまでもうちょっと待てますか?」みたいな
連絡を貰ってますが、そろそろエエ返事、欲しいものです。


『理不尽と相対する者にこそ、底知れぬ豊かさあり。』ですか。
わたくしの場合、この立場になったからこそ見えてくる
ものがたくさんあります。
特に人間関係は顕著で、急に掌を返す人、露骨に関わり合いたく
ないという態度の方から、心底心配してくれる古くからの友人、
思わぬ人からの叱咤激励やあんた人生の達人やなあと思わせる様な名言、
アドバイスなどなど。
中でも一番感謝せなあかんのは、愚痴ひとつ言わへんうちの嫁さんですわ。

こんなことでもなければ、出会うことのなかった人や仕事、行くことも
なかった場所、そして向き合うことすらなかった、むしろ敢えて避けて
いた仕事に対する自分の考え。やりたいことやれること。

50になってエエ経験をさせて貰ってると感謝しております。


今まで自分の状況をさらけ出す様なことは謹んでおりましたが、
小西っさんの『熱い想い』に触発されて、ついつい出してしまいました。
そして長文の書き込み失礼しました。

それでも毎日、きもの着て背筋伸ばしてますからね!

【2012/08/18 07:45】 | kinaoto=岡田 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2163-74b9e73f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク