スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

はもにかプレゼント

 2012-03-29
きょうは、知人女性に、はもにかを託しました。
彼女は私と同世代。男の子ばかり3人のママです。

13歳の次男君、辛いことがいっぱいあって、中学校に行っていません。
彼女は身体を張って、子どもたちを守っています。
その13歳の次男君、ちょっと前に、ギターに開眼。

しかも、エリック・クラプトンを入り口に、
ブルースギターにも「ハマって」しまったとか。
入門用のギター、アンプを買ってもらって、ギター教室にも通い、
毎日毎日、12時間はギターを練習するという打ち込みよう。

各種音源や映像を見るうち、
はもにか(10穴)にも、少なからず興味が出てきたのだとか。

それで、


「よっしゃっ!!!」


ということで、私の手持ちの楽器のうち、
SUZUKIのMANJI(KEY=A)を進呈したのでした。


マンジ




学校へ行けないことについて、本人も母親である知人も、
日々、苦しんできたことでしょう。

知人女性は、わが子が興味を持っていることを、まずは応援していこうと。


息子である13歳の彼が、ギターを練習していく上で、
必要な音楽理論というものも出てきます。

知人女性はかつて、ピアノを習っていたそうで、
それで調性のことなどを、息子に教えたそうです。

彼女は、自分自身がピアノを習っている当時は、

「自分は、なんでこんなこと、せんとあかんのやろ」


と思っていたそうですが、
自分の息子に楽典を説明していたときに、


「あ、そうなんや。
 私は、この子に、音楽について語る、
 この日のために、ピアノをしていたんや」



と「発見」したそうです。



彼女からその話を聞いて、私は、


学校での勉強に限らず、およそ、人が「学ぶ」ということは、
こういうプロセスを踏むものだと、あらためて思いました。


人が、ものを学ぶ意味は、
「費用対効果」みたいに、すぐ測れるものではないということ。

そのとき教わったり、学んだりすることは、
いつ、その人にとって意味を成すかどうか、
「そのとき」がきてみないと分からないということ。


このブログをご覧の方で、
はもにかに取り組んでおられる皆さん、
もとより、だれかから強制されたわけではないですね。

また、この楽器をやって、自分がどうなるか、
例えば、有名になるとか、お金持ちなるとか、
そんな尺度で続けておられるわけでも、ない。

きっかけはいろいろでも、
とにもかくにも、この楽器を手にとってみた、
それが、すべてなんだろうと思うのです。


私の師匠の妹尾さんが、おっしゃってました。


「音楽は、それを始めようと思った時点で、すでに
 許されているものだ」


と。


そして、始めた時点から、どう進んでいくか。
それはその人次第。

しかも、その先にどんな世界が開けているか、
当の本人にも分からない。

だからこそ、「わくわく」するんですよね。

私は、はもにかに限らず、
それが「教え」「学び」の根本だと思っています。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/2008-4fddeb84
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。