スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ベンド、または「音探し」

 2012-02-26
きょうは朝ゆっくり起きて、パン。
掃除・選択を済ませ、遅めの昼食は「にゅうめん」
その後、夕方から大阪市内まで仕事に出掛ける。


にゅうめん



昆布と鰹節でだしを引いて、
かまぼこ、湯葉、葱で食す。


と言い条、これは「必殺料理人」の記事ではありませんで、
久々に、はもにか「お気楽・入門」の一環。


10穴はもにかに取り組む人の、
ほとんどすべての方々が突き当たる壁に、

「ベンド」


があります。



低~中音部で、吸い方をコントロールすることで、音程を下げ、
高音部では吹き方を操ることで、音程を下げるテクニック。
このブログをご覧の方なれば、すでにご存知と思いますが、
最初は、なかなか思うように音程が変りません。


「なかなかベンドがうまくできないんです」


という方に、いつも私が言っていることは、


「できなくて当たり前、できないほうが正常です」



なぜか。

もともと、この10穴はもにかを考え付いた人は、
そこで調律されている音を鳴らす楽器として、こしらえたのだと思います。
「ベンド」というのは、楽器の成り立ちからいえば、


「想定外の使い方」




ではないかと思うのです。

ドイツで生まれたこの楽器が、
回りまわってアメリカの黒人たちが手にして、
奏法を開発していくことになるとは、
最初に10穴はもにかを考案した人は、夢にも思っていなかったことではないか…


ですから、楽器の側から考えると、


「ベンドは、できなくて当たり前」
「ベンドできるほうが、むしろ異常」


と言ってもいいくらい。



ただ、これは、この楽器と付き合っていくうちに、いつかは、


「必ずできるようになるもの」




だとも思っています。



穴が10個しかなくて、吹くか吸うか、
その穴にとどまるか、左へ行って吹き吸いするか、
右へ行って吹き吸いするか、その組み合わせで演奏するのがこの楽器。


おそろしく単純です。


この単純な楽器で、いかに「いろいろな音をつくるか」、
その「音」を探して、有名無名問わず、
先人たちが工夫を重ねて、この楽器の持っている力を引き出してきたのではないか。

そんなふうに思います。


コメント
>おかもとさん

ベンド噺は続編もあります。

少し先回りすると、

楽譜上の特定の音、
半音、一音、一音半とかを正確に出すことが、
何はともあれ求められているわけですが、

ベンドを編み出した先人達は、最初、

「お、なんや?音程が変るやんか。おもろいやんか」


と思った(英語で)のではないかと私は思っています。


「完璧にできないような」というのは、実は、
自分自身の音を求め続けるという素敵なプロセスだと思います。



【2012/02/27 07:47】 | こにし #- | [edit]
ベンドは死ぬまで完璧にできないような気持ちになります。

2番吹いて 3番1音ベンドなんかは、あイーンとなりそうです。
【2012/02/27 01:21】 | おかもと #mQop/nM. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1969-de4cfd2b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。