第32回FIHハーモニカコンテスト

 2012-01-26
帰宅して、集合ポストに立ち寄りますというと、
FIH・JAPAN(世界ハーモニカ連盟日本支部)から、
ことしのコンテストの応募要領が届いていました。


コンテスト応募要領



おお、もうそんな時期やなあ~。

ことしの用紙は、群集がみんな、はもにかを構えている写真です。


第32回FIHハーモニカコンテスト
http://www.moridaira.jp/archives/26027


10穴はもにかの「ブルース・ポップ&ロック」部門、
本選(東京・吉祥寺)は6月2日(土)。
予選の音源審査の受付は2月1日から始まり、3月31日が締め切り。


毎年この時期になると、当ブログでも、
FIHコンテストの案内をご紹介します。

だいぶ前(10年以上前)、テープ審査を通過して、本選に出たという人が、

「東京までの旅費も、宿泊代も出ないのはおかしい」

てなことを言ってはるのを聞いたことがありますが、


アマチュアは道楽、好きでやってますのやんか。
行くんやったら、身銭を切ってなんぼ、やと思います。


あと、「コンテスト」と言い条、音楽に「勝ち・負け」はありません。
コンテストということで、必要以上に緊張する人もあるみたいですが、
「コンテスト用」の演奏とか録音とか考えんと、
要は、普段、ライブやセッションで自分がやっていることを、
そのままやったらいいです。

この話、毎年のように書いていますが…。


私自身は、1999年、2003年、2005年と本選に出ましたが、
その結果よりも、本選で東京に出掛けたことで、
全国各地の、「はもにか人」とのご縁が生まれたのが、一番の財産です。


出場したとき以外も、2度、遊びに出掛けて、ステージに乱入。


2006年に遊びに行ったときの図(吉祥寺・スターパインズカフェ)


FIH2006.jpg


2009年


ステージ1




とにかく、どんな形であっても、
この楽器を愛して、吹き続けること。
その中にコンテストもあり、出会いもあり、
それがまた吹き続ける力になっていくのではないかと思います。


FIHで出合った平松悟さんと(2009年5月のダブルハープライブ)
これまでもご紹介したことがありますが、
新規の読者の方もおられるかと、再掲。






自分で見ておもしろがっている記録でもあります。
はもにかも十人十色、芸風が全然違うほうが、ダブルハープはおもしろいです。



コメント
>平松さん

近くだったら、毎年遊びに行くのですが、
大阪から東京まで行くのは、
東京から大阪に来るほど、遠いです。

【2012/02/13 07:50】 | こにし #- | [edit]
財産。いい話!と思いました。動画もイイですね!
【2012/02/13 07:01】 | 平松悟 #mQop/nM. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1923-4305aed7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク