スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

嵐山で舞妓に変身!

 2011-11-09
きのうの話。

午後9時半ごろ仕事から帰宅しますというと、

妻「新聞におもしろい記事が出てますよ」
私「ふむ」

「朝日」11月8日付夕刊3面の「癒されたい」、


見出しは「嵐山で舞妓に変身/立派なおなごどすえ」



京都であちこちにある「舞妓体験」ですが、
男性の希望者向けにもやっているという記事。

舞妓メークと着付け、人力車30分貸切、
スタジオ写真撮影(4枚)で、しめて1万7500円だとかで、


妻「あなたも、どうですか」
私「え?」
妻「前から、『やってみたい』言うてましたやん」
私「言うてません」
妻「うそ~」
私「舞妓の格好て、女の人含め、誰でも、まあ、できますがな」
妻「?」
私「やるとしたら、傾城、ですな」
妻「けいせい?」
私「だいたい、1万7500円出すんやったら、木綿の着尺買えますし」
妻「…」


そうです、傾城。

「助六由縁江戸桜」の揚巻、「壇浦兜軍記」の阿古屋など。



または、もし化けるなら、


「先代萩」の政岡、「忠臣蔵」九段目の戸無瀬



やっぱり「立女形」の役どころ、でしょう。




コメント
>番頭さん

いやいや、あくまで傾城で、

奥様は「助六」なら助六、
「壇浦兜軍記」なら畠山重忠あたりを。


私としては、「夏祭」のお辰あたりも。

夢が広がります。


【2011/11/10 21:47】 | こにし #- | [edit]
変身したのかと思いましたがな~

見てみたいこにさんの舞妓姿、奥様と一緒にやりなはれ~
【2011/11/10 12:44】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1813-c4d174fb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。