岸田劉生展

 2011-10-09
きょうは天王寺の大阪市立美術館で開かれている、
生誕120周年記念の岸田劉生展へ。
招待券をもらったのでありました。


岸田劉生展


岸田劉生展
http://ryusei2011.jp/



大阪市立美術館は久しぶり。

あまりにも有名な「麗子像」も、初めて観ましたけれど、
私自身は、劉生が油絵で描いた歌舞伎の舞台がかねてから気になっていて、
図録では観たことがありましたが、
今回、展示されているのかどうか、楽しみにしていました。

「歌舞伎美論」も著し、旧劇=歌舞伎の本質を
「卑近の美」と抉り出した劉生。


その一部、実物を観ることができました。
「鯰坊主」「新富座寺子屋」など。



ところで、美術館のロビーで、少し着崩れた奥様の帯を、
私が後ろに回って、一瞬、「キュッ」と直していたら、
そばにいたおじさま、

「絵になってまんな」


って、まるで大向こうの掛け声のような間(マ)で
言うはりましたけれども、マア、何も出ませんよ。
されど、「夫、帯を直すの図」も「卑近美」かも。



終わって美術館前。


美術館前1



奥様は夏久留米です。

きょうなんか、日中はかなり暑かったですね。
こういう日に、身体にやさいく、嬉しいのが「夏久留米」でしょう。


私は暑いので羽織は略。先週と同じ川唐に、袴。


天王寺公園内、「慶沢園」にて。


慶沢園1



慶沢園、石橋をたたいて渡るの図。


慶沢園




年に何度かは美術館にも行きたいものです。



コメント
>アドさん

麗子ちゃん、まだしばらく「てんのじ」にいてはりますんで、
ぜひお出ましを。

きょうは朝からNHKの日曜美術館で、
劉生特集やっていて、「混むかも」と覚悟していましたが、
思いの外で、ゆっくり楽しめました。

お見送りに、一挺一枚、晴れ舞台ですね。



9月にベルタのあたりから天王寺まで単身歩いて、
「えらい変ったなあ~」と思ってしまいました。

裏通りのちょとした飲み屋とか、
昔は、居心地がよかったですね。




【2011/10/09 22:40】 | こにし #- | [edit]
私も麗子ちゃんに会いに行きたかったです。
よほどご連絡しようかと思いましたが、今週は伊丹へ娘のドイツお見送り、おとといは、姫路まで「ザ・タイガース復活コンサート」、そして昨日は妹弟子との一挺一枚・・・唄一人、三味線一人での落語会前座にて「松島」演奏。
今日は何や気疲れで家に居りました。

美術館は混んでませんでしたか?
キューズモールは覗きませんでしたか?
阿倍野も大分、様子が変わってきました。
ややこしい時の阿倍野が好きでした。
【2011/10/09 22:26】 | アド #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1758-6a66629f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク