和洋折衷

 2011-09-30
こういう記事は「きもの暮らし」にするか、
「必殺料理人」にするか、少しく悩むところありますが、
きょうのところは「きもの暮らし」にて。


きょうは久しぶりに梅田阪急のデパ地下に立ち寄る。
デパ地下と言い条、買うものは決まっておりまして、
何はなくとも、鰯。

明日夜は、奥様、遠方で寄り合いとて、
寄り合いの議題以外に、お集まりの皆さんに出す料理の係も担当。
そこで、きょうから仕込んで、「鰯」を持っていってもらうことに。

例によって手開きにして、一晩酢〆に。


鰯仕込み



ほか、阪急地下で初め求めた神戸「山口とうふ」の「ゆばとうふ」。


ゆばとうふ



一晩仕込んだ、蛸マリネに長芋の短冊、貝割れ、トマトを足す。


蛸マリネ



各種きのこ、豚肉の味噌炒め


きのこ味噌炒め



最後に、手開きにした鰯のうち、三切れを使って、鰯のなめろう丼。


いわしなめろう丼



きょうは「一時雨」で、なかなか蒸し暑い一日。
家ではまだまだ本麻浴衣。

私は基本的に和洋折衷の着方はしませんが、
家では、Tシャツのまま上にきものを「ひっかけ」ることもあります。


和洋折衷2




自分で着て、自分でこしらえて食べれば、
ささやかなれど、これ、得心の夕餉にて候。




コメント
>番頭さん

撮影者である奥様が、一番最初に、

「これ遺影にいいですやん」


と申しておりました。

私「顔が正面切ってませんがな」
奥「いえいえ、かえってそういうのがいいんですよ」

ほんまかな?
【2011/10/01 06:51】 | こにし #- | [edit]
こにさん、ええ顔してはる。

是非とも「遺影」に。(笑
【2011/09/30 22:57】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1746-2af49434
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク