スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「夏こそ、きもの」の、効用

 2011-07-26
夏場にきものを着ていますというと、
きものを着ない方から掛けられる声で共通するのは両極端。

「暑くないですか?」と「涼しげ、ですね~」


当節、何を着ていても暑いのは、同じです。


夏場こそ、実は身体を守ってくれるのが、きもの、ということは、
すでにいろんな方々が指摘されていますけれど、
私どもも、齢を重ねるごとに、ますます、そう痛感する毎日。


洋服での夏の「いでたち」は、通勤などで戸外を出歩くことが、まず前提。
あわせて紫外線防止などなど。

ところが、それで例えば、映画館などに行くと、
冷房ゆえに、寒くなってしまうことが少なくありません。

この夏も、出掛けた場所にもよりますが、
冷房の効いているところでは、

「節電て、どこの世界の話?」


と思うくらいの場所もあります。
(「おっさん」の私も、長時間冷房の空間は辛い)



それが、きものなれば、袖に守られ、
とくに女性は帯、その他で身体の大切な部分が保たれます。

戸外でも、体温より低い気温なれば、
むしろ少しの風でも袖口、その他から吹き抜けて、爽快。
夏場でも足が冷える女性でも、足袋に草履なら、心地よし。


つくづく、夫婦して語り合うのが、「夏こそ、きもの、でんな」。



京都にて


京都にて



もとより、私どもは、夏場に絹の夏物を着る身分ではありませんで、
家でザブザブ洗える麻、綿麻が主体の「お気楽普段きもの」です。


洗って後の寝押し前。妻の小千谷縮、私の近江上布と麻の長襦袢


寝押し前



ざっくり着るのが、見た目にも涼し。普段きものの「自由自在」。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1659-be757d7b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。