さりとて、穴番号~お気楽・ブルースハーモニカ入門(6)

 2011-06-29
先に、はもにかのカバープレートに刻印されている1~10の穴番号は、
果たして何のためについているのか、という話を書きましたが、
さりとて、実際には、2番の穴を吸って、とか、3番をベンドして、
ということは考えるわけでありまして、その穴は何番なのかというのは、
厳然と問題になってくるのであります。


きのうの日記で書きました、「村の鍛冶屋」の演奏の件。

こういうケースでは多くの場合、「耳コピー」をするのですが、
今回は横着?をして、まず楽譜を入手。
しかし私は楽譜が読めないので、四苦八苦して、
その上で、はもにかの用のタブ譜をこしらえました。


妹尾式タブ譜



これは私の師匠の妹尾修一郎さんが考案した「妹尾式タブ譜」とよばれるもので、
横線の上段は吸う音、下が吹く音。
それをそれぞれ穴番号で表記して、あとは音符の長さなど。

五線譜が読めなくても、これなら用が足りるという画期的なものです。


それにしても、「村の鍛冶屋」。

こういうシンプルな曲ほど、実は難しいのです。



というか、10穴はもにかは、ごく単純な構造で、
一見(一聴)、難しいように見えて(聞こえて)、
実は、吹くか吸うか、その穴にとどまるか、右の穴にいくか、左にいくか、
それを吹くのか、吸うのか、ということの積み重ねです。

言葉は悪いかも知れませんが、


アホでもできる



楽器なのです。


ですから、どこで勝負しているかというと、一つ一つの音。


メロディーを解析して、どの穴を吹き吸いしているかというのは、
割と簡単に分かるものです。


その音を生かすか、殺すか。

「村の鍛冶屋」でいえば、例えば、
一生懸命な鍛冶屋さんの雰囲気が伝わるかどうか。


ここに「ハマる」と、抜けられなくなりますよ~


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1613-4b295daf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク