スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

浴衣記念日

 2011-05-10
きものが好きで、きもの暮らしをしていると、
きものが「向こうから集まってくる」などと申します。

妻はここ数年、実母、叔母、私の母や妹のきものや帯があっとう間に集まって、
収納に困るくらいです。

私の場合は身長が178センチで、
きものの寸法も身丈が4尺3分、裄が2尺必要なので、
ジャストサイズのものは、なかなかありません。


きょう、職場の関係者から、
回りまわってやってきた男物の浴衣をもらって帰ってきました。


浴衣1


地衿のところに、写真のように「出っ張り」があるので、

「何かいな?」

と思ったら、1寸ほど、「揚げ」がとってあるのでした。


浴衣2


裄は1尺9寸ほどですが、「揚げ」をとれば、身丈はほぼぴったり。
こういうのは、奇跡的な事例です。
思うに、どなたがかが、きっと、比較的最近、
現代的な身長(?)の男性のために仕立てはったものでしょう。

居敷当ても丁寧につけてあり、しかもまだ、しつけ糸がついたままです。


私は夏場は、外へ出るときは「夏着物」で過ごしますので、
この浴衣は、寝巻きにします。

というのも、自分なりに「きもの暮らし」を始めて4年ほど、
夜寝るときは、パジャマやジャージ+Tシャツなどでしたが、
かねがね、浴衣で寝る生活に変えたいと思っていたのでした。

で、今夜から、「浴衣で就寝」というふうに、
「きもの暮らし」を拡張したいと思います。


それゆえ、きょうは「浴衣記念日」。

これから風呂に入って、湯上りに、素肌に打ち合わせます。




コメント
おお、「寝巻先輩」!

きもの本によると、「着物始め」は基本的に、
外出のきものから展開されていて、
外出時に「着崩れ」をどうするかとかが教科書的には課題になりますが、

回り道のようではあるものの、家にいるときのきものや、寝巻きなどで、
あらかじめ、「崩れる」「はだける」のが当たり前、
ということを徹底的に体験しておけば、
きものは、より、「身についたもの」になるような気がします。


さて、一夜明けて。

「はだける」のはむしろ自然で、パジャマまどで「包み込んでいる」よりも、
実は快適だなと、思いましたよ。
起きても、すっと直せますし(これは普段から着ているため)

【2011/05/11 08:06】 | こにし #- | [edit]
あ、私は着物始めが寝間着の浴衣でしたー はだけて大変ですが(笑)
【2011/05/10 23:01】 | BIG ROCK!! #0EjQUAK2 | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1531-7f2939f0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。