常磐津節演奏会

 2011-02-19
昼過ぎにきものに着替えて、国立文楽劇場へ。
関西常磐津協会(理事長=人間国宝の常磐津一巴太夫)が主催する、
常磐津節演奏会「第15回ときわぎ」。

きもの仲間のアド姉さんが三味線で晴れ舞台ということで、
応援に出掛けました。


看板



緞帳が上がりきる手前で私が「待ってましたぁ!」の掛け声、
すかさず、当ブログ・コメント常連の番頭玉三郎さんが「たっぷりとッ!!」で寸法ピッタリ。


場内



常磐津小由太夫社中による、曲はお目出度い「松島」。


舞台面


舞台2



私は高校生のころから歌舞伎に親しんできたので、
常磐津はもちろん、長唄、義太夫、清元…いわゆる純邦楽も大好きです。

趣味とは言い条、厳しい芸の世界で、一つ一つが貴重な経験。
何よりもまず、その世界に飛び込まれたアド姉さんの心意気が清々しいです。

アド姉さん、ありがと(朝ドラ「てっぱん」風に)


ぜひこれからも続けてください。



さて、文楽劇場へは久しぶりに出掛けました。
前に最後に行ったのは、知人が舞踊会で「連獅子」を踊るということで、
掛け声を掛けたときで、2年前くらいでしょうか。そのときは、大ホール。

今回、実は、初めて小ホールに行きました。

ロビーには、山城少掾、文五郎はじめ、
人形浄瑠璃の往年の名人の絵が掲げられています。


山城


文五郎


きょうは暖かで、マフラーの類はいらないほどでした。


私


コメント
>BIG ROCK!!

いや、吹いてませんよ~(笑

きの持ち歩いていたのは、
携帯電話につけている4穴リトル・レディーだけでした。

しかし、機会があれば、金屏風の前で、
紋付袴ではもにか吹いてみたいものです。

【2011/02/20 19:34】 | こにし #- | [edit]
そこでハーモニカを吹いたんですか! 凄いなあー
【2011/02/20 18:25】 | BIG ROCK!! #0EjQUAK2 | [edit]
>アド姉さん

お疲れ様でした!

聴きにいってやろう~――だって、好きですもの、音楽。

細かいところを言えば、三味線だけの「松島」の間奏は、聴きもの、でした。

「松島」もそうですが、浄瑠璃の中に、「なんたら、かんたら常磐津のぉ」と、
みずからのジャンルの固有名詞を折り込んでいるのは、
唯一、常磐津のすごいところ、目出度いところだと、
アド姉さんに出会って再認識しました。

祝祭ですね(素人考えですが)。

千穐万歳大入叶

【2011/02/19 22:37】 | こにし #- | [edit]
今日はよくぞ来ていただきました。

「よし!聴きに行ってやろう~」というこにさんの心意気もとっても嬉しいです。

自分の不出来に涙涙でしたが、今の心境は?ともし問われたら

「今度はもっと上手に弾いてみます!」です。

まだまだ続ける覚悟です。 頑張りま~す!

ありがとうございました。
【2011/02/19 22:25】 | アド姉 #- | [edit]
>綸子さん

おお、まさしく1週間違いで常磐津と長唄ですね。

歌舞伎をご覧になっていると、
いろんなジャンルの「音」におのずと触れることができて、
それぞれの魅力も際立って、楽しみがどんどん広がりますよ~

松竹座、昼の部ということは「彦山」ですね~

松嶋屋ぁ~!!

【2011/02/19 18:51】 | こにし #- | [edit]
いいですね!
わたくしは長唄三味線を習っていますが、違うジャンルの邦楽にも親しみたいと興味は尽きません。

来週、わたしの師匠も出る「関西杵勝会」の演奏会を聴きに、文楽劇場に参ります♪ 一週間違いでしたね。

本日、こちらは松竹座で、悪役の愛之助さんと仇討ちの仁左衛門さんをたっぷり堪能してきました。
胸いっぱいです♪
【2011/02/19 18:15】 | 綸子 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1438-b673eaab
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク