スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大久保先生

 2010-12-09
夕刻、となりのスーパーで「しまあじ」が半値で出ておりました。


朝に炊いたご飯を酢飯にして、即席寿司。


寿司1


寿司2


しまあじ


夕食を食べながら、録画しておいた「徹子の部屋」を観る。
池田重子さんと、きものスタイリストの大久保信子さんが出演。


大久保さんは、池重さんの介添え的な出演でしたが、
姿勢についてのコメントもあり、
なるほど、と思いながら見る。



コメント
>番頭さん

にぎり寿司、あっけなくできまっせ~

前に、近所の子どもら集めて「おすし屋さん」をしたことがあります。
(私は「食べる暇」がないので、難儀ですが)

で、お答えしましょう。

合わせ酢の配合は、塩、砂糖、酢で、番頭さんとこと同じです。
(ときどき、レモンとかみかんの搾り汁を加えることあり)

ただ、分量は量らず、いつも「適当」です。
というのも、「にぎり」をするときは、残りものご飯(その日朝炊いたもの)の活用で、
残っている量がいつも「まちまち」なのです。

というわけで、ぜんぶ「見当」、よく言えば「勘」、悪く言えば「あてずっぽ」です。

スビバセン。

「必殺料理人」で詳しいレシピを載せないのは、
この「にぎり」に限らず、味付けや配合など、万事この調子だからです。

なお、塩は石垣島の天然塩、砂糖は「きび砂糖」、
酢は千鳥酢です(値が張りますが、少量でもかなり美味しい)。


ちなみに、わが家ではばら寿司は妻の領分で、にぎり系は私の担当です。
妻も合わせ酢の配合は適当、ですね。

【2010/12/10 18:55】 | こにし #- | [edit]
「ばら寿司」はちょくちょくするのですが、「にぎり寿司」はしませんね。(というか、ようしません。)

着物での姿は江戸前の寿司職人みたいで、恰好いいですよ。

一つ質問 : 酢飯を作る時の「合わせ酢」はどうなさってます?

番頭のレシピは二合の米に塩大さじ二分の一、砂糖大さじ二杯、酢大さじ三杯を

理科の実験の様に計って作るのですが、

こにさんのブログを拝見すると、残り御飯でちゃちゃっとてな感じなんで、お尋ねしたいのです。

ご指導、ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げ奉りまする~。
【2010/12/10 13:02】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]
>おかもとさん

大阪府の中央卸売市場が近くにあるので、
割と、ぷりぷりした魚が手に入ります。



【2010/12/10 08:09】 | こにし #- | [edit]
ほう、カンパチですか?

ぷりぷりな魚、うまそうですね。
【2010/12/09 23:00】 | おかもと #mQop/nM. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1335-31fbfc69
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。