スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『ブルースハーモニカの扉』(3)

 2010-11-16
きょうは午後8時すぎ帰宅。まずは、きものに着替えますが、
モスリン長襦袢にウールきもの、長襦袢には腰紐使わず、
打ち合わせて角帯一本勝負、ものの1分でです。


日曜に洗った出羽木綿、完全には乾き切らないまま、
昨夜一晩寝押しをして、ピンと仕上がったのを、
今朝、もういちど、きものハンガーに懸けて水気を飛ばす。


出羽木綿と、寝押し用の寝ござの図


出羽木綿ピン



さて、先日買い求めた、はもにか教材、
『ブルースハーモニカの扉』(鈴木楽器製作所)。
このところ、毎日聴いて、いろいろ遊んでおります。


その、遊び方例。


付属CDには、

(1)KOTEZ(Harp&Vo)、永井“ホトケ”隆(Guitar&Vo)のご両人による模範演奏(5曲)
(2)5曲それぞれの、はもにかフレーズや応用ソロの演奏(はもにかのみ)
(3)、(1)の5曲について、はもにかなしの、ホトケさんによるギター&ヴォーカルの演奏

が収録されています。


私はこれを携帯プレイヤーに転送するさい、順序を変えて、

(3)
(1)
(2)

の順に並べ替えて聴いています。


というのも、変な話かも知れませんが、
「はもにかなし」、でも、ホトケさんと唄とギターだけで充分楽しめるのです。


はもにか吹きは、ついつい、自分が「はもにかを吹く」ことだけを考えてしまいがちです。

でも、私見では、一曲のアンサンブルの中で、
一番大切にしなければならないのは、「歌」です。歌がいちばん、「偉い」。
極論すれば、はもにかは、別になくてもいいものです。


その上で、歌を生かし、曲を生かすはもにかとは、どんなものか
――ということを、最近、ひしひしと感じます。


パソコン際に集積するはもにかの図。


パソコン際のはもにか群


「いい加減、片付けなさい!!」と言われそうですが…



コメント
>番頭さん

道具としての楽器よりも先に、
まずは「人間の声」があったからでしょうね。


と、私もエラそうなことは言えませんが・・・


ただ、文楽では、駆け出しの大夫に、名人の三味線弾きが、

「そんな語りでは、わしのバチがおろされへんやないかっ!!」

と叱咤したとかいう逸話もあるそうで。

【2010/11/17 19:23】 | こにし #- | [edit]
文楽の世界も語り手である「太夫」と、唯一の楽器である「三味線」、そして「人形遣い」。

三業一体でありながら一番「偉い」のが太夫さんとか。

ジャンルや洋邦問わず、通じるものがあるかもしれませんね。

【2010/11/17 14:38】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1301-5864d407
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。