久留米の「冴え」

 2010-11-07
妻が愛用の久留米絣。洗ったときだけではなく、
ときどき、休ませた後に、寝押しをしています。

着るほどに、洗うほどに、色が冴えていきます。

久留米 冴え


こうした絵絣は、私はまずは自分で着ることはありませんが、
たたんで、手を触れることで、女物のきものの喜びのいくらかは、
味わえるように思います。


コメント
>番頭さん

う~ん、私は縞か無地がやはり好みで・・・

70歳くらいになって元気だったら、
何を着てみても許されるかも知れません。


先日の「こだま」さんの木綿展で、
横縞の久留米に、くらくらっ・・・としましたが、
ガマンガマン。

しかし私は、片貝も、会津も、未体験につき、
(近江の信三郎上布というのも、視野に・・・)
これからも、どんどん着物は仕立てまっせ(ただし、ぼちぼち)
【2010/11/08 22:12】 | こにし #- | [edit]
そう言わんと絵絣を着てみはったらどうです?

奥様がお持ちの花柄なんかは無理かもしれませんが

「こだま」さんのサイトにあるような幾何学模様的なものならば、男性でもOKなのではと思います。

え?わたしですか・・・

「着物はもう仕立てません!」  (ほんまかいな?)
【2010/11/08 20:42】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1286-6e7477d0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク