染織こだまさん「木綿展」

 2010-10-23
かねがねお世話になっている宮崎の「染織こだま」さん。
きのうから奈良で3日間の「木綿展」とて、
2日目のきょう、お邪魔してきました。

会場の、ならまち「野の花 黄花」さんの開店直前に到着、
「準備中」の看板が外れるのを待って、この日の一番乗り。


妻は先日来、買う気満々でありまして、
目当ては久留米絣。

きょうも着て出掛けた久留米絣(2年前に「こだま」さんの実店舗で購入)が、
着るほどに、水を通すたびに身体に沿って育っていって、
手放せなくなっているのだそうで、もう一着。
久留米絣は活躍する季節が幅広いので、私も手放せません。


いろいろ悩んでおりましたが、やがて2反の間で迷い、結局、
最初に目にとまった反物に決まりました。

久留米絣


意見を求められても、

「2反ともいただいたら?」

とは決して言わない私(笑)。
この先も、久留米に限らず、
いろいろな素晴らしい木綿との出会いに、
とっておけばよいのであります。


私は、薄茶の出羽木綿。いつもそうですが、即決!!、です。

これは、きものには仕立てず、秋~冬~春用の普段袴をお願いしました。
「こだま」さんでは、木綿袴の研究をずっとしてきはりまして、
その経過の話などもこれまでうかがっていましたが、
一つの到達点にたどりつかれたということで、この日を待っておったのです。

寸法を決めるため、つけていった袴をとって、
その場で測っていただきました。

袴をとる

袴をとる2


これで、通年で袴ワールドが広がります。


じきに他のお客さんも増えてきて、
妻は、女性客の方たちと木綿話で盛り上がっておりましたが、
夫婦ともそれぞれ昼から予定があるので、退出。

蕎麦を食べて駅に戻って、記念撮影。
並ぼうと思いましたが、「つの」が私の頭につかえました。

せんとくん


染織こだま木綿展・奈良は明日24日まで。
http://someorikodamas.com/naraten.shtml


コメント
>otoさん

コメントいただいて、
このあたりのことは、稿を改めて日記本体でも、
追々書いていきたいと思いました。

「きもの」というと、メディアでは、
素材や格、色柄、意匠、コーディネートなど、
とりあえず「目で見てわかる」といいますか、
カタログ情報的なものが満ち溢れていますが、

水をくぐる、身体に沿うなど、きものが育つ、
それに対応してこちらの身体も変わる、など、
「時間軸」に沿ったといいますか、
暮らしの中できものを着る喜びが伝わるものが、
少ないように常々感じています。

【2010/10/25 08:25】 | こにし #- | [edit]
奥様の「着るほどに、水を通すたびに身体に沿って育っていって」というお言葉、膝を打つ程判ります!
わたしも「普段着着物」の端くれとして思いますことは、「着物を着て気持ち良い時間」と「着ていて気持ちの良い着物」があるからです。

特に後者に出会えた時の喜びは、半端ではありません。
もう脱ぐのが勿体なくって、ずっとこのままで居たいと思うほどです。(汚さんうちに脱ぐんですけどね、笑)

せやから着物を着続けてるんですわ。
【2010/10/24 22:15】 | oto #- | [edit]
>綸子さん

おお、「こだま」さん名物の「ちくちくパック」!

和裁の技、あこがれです!
旦那様、つくづく、「幸せ者っ!」ですね。

博多は、ことし2月に京都で、
こだまさんから何点か見せていただきました。

私は「女に生まれたらよかった」と思いました。




【2010/10/24 21:17】 | こにし #- | [edit]
>ちゃおさん

こちらこそ、お目にかかれてよかったです。
思い返せば、08年の7月以来ですね。

木綿好きが集まる場というのは、「ほっと」します。

会津木綿、玄武織、よかったですね~

私にも、会津木綿が呼ぶ声が聞こえましたが、
またこんど、またこんど~と、聞かないようにしました(笑

今回の出羽木綿袴は、満を持して、という感じでした。


【2010/10/24 21:14】 | こにし #- | [edit]
夫用に久留米を選びました☆ 水通ししてもらって、和裁師さんのヘラ付けまで済ませた「ちくちくパック」でお願いしまして、届いたら自宅でチクチク仕立てることにします♪
まあ、急ぐものでなし。ぼちぼちやりまーす。

自分にはお洒落な柄の博多帯を(笑)
こちらも、ぼちぼち、かがります~。
【2010/10/24 17:03】 | 綸子 #- | [edit]
少しですがお会いできて良かったです。

自分は、袴、悩んだ末、結局購入には至りませんでした。
会津木綿が呼んでたんですが(笑)

次回はぜひ宴会ご一緒したいですね。
【2010/10/24 16:25】 | ちゃお #ENSgZKxw | [edit]
>sumomoさん

まさに、めったにない機会です。

ネットでも見ることができますが、
やはり生で見て触れるというのは貴重な体験です。

この1反なくなれば、二度と出会えないというものもあります。

あれも、これも欲しくなるので、ゆえに、即決1本!


ことし2月には京都の知人宅で、
「こだま」さん出張と日程を合わせて、
一定数見せていただいて選ぶという企画(出張料理人=私付き)
もさしていただきました。


【2010/10/23 22:55】 | こにし #- | [edit]
木綿展行きたかったのですが日にちが合わずでしたxxx。
いろんな木綿を一堂に見れるのってなかなか無いですよね。。。
【2010/10/23 22:41】 | sumomo #- | [edit]
>番頭さん

スパムの謎、クリアできましたようで。

奈良滞在時間よりも、往復の電車のほうが長いくらいでしたが、

待ってましたの木綿袴でござい、とざい、とうざぁい~

【2010/10/23 21:11】 | こにし #- | [edit]
お、若旦那もおげんきそうで。

またアイテムが増えましたね、なるほど出羽木綿の袴か・・・フムフム。
【2010/10/23 21:10】 | 番頭玉三郎 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://koniharp.blog118.fc2.com/tb.php/1257-fc60afa7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

こにし すすむ

Author:こにし すすむ


京都・西陣生まれ。大阪の「勤め人はもにか吹き」です。

木綿を中心に、普段のきもの暮らしを楽しんでいます。

▼2005
FIH JAPAN第25回コンテストブルース部門1位
▼2006~
デュオ「こにしんぼ」などで神出鬼没。「出前はもにか」などで活動中

最近のライブ動画→クリック

☆ライブ・出演ご案内☆
決まり次第、ご案内いたします。

最近の記事
最近のコメント

カテゴリー
FC2カウンター

メールフォーム
ご感想・お問い合わせ、ライブ予約などお寄せ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク